働くママのウェブマガジン

Column オーガニック子育て@ベルリン

7割の人がオーガニック食品を購入! そこまで普及する理由は【日登美のオーガニック子育て@ベルリン】

2018.04.20

この連載は……

モデルの日登美(ひとみ)さんは、ドイツ人数学者の夫とともにベルリン在住、2歳から17歳まで、6人の子どもを持つお母さん。いっぽうで、マクロビオティック料理教室や日本の伝統食を手作りするワークショップを開催するなど、マクロビオティックインストラクターとしても活躍。この連載では、ベルリンでのオーガニックライフを、食、子育て、そして暮らしを通して、綴っていきます。


ベルリンのオーガニックライフ

ドイツがエコ大国であることは皆さんご存知だと思いますが、なかでもベルリンでは70%もの人がなんらかのオーガニック食品を購入しているというほどオーガニックが普及しています。

IMG_20180223_100725_r
ショッピングモールの中にある大きなオーガニックショップ。カフェもあり、コスメも売っていて便利。

なるほど街を見渡してみると、オーガニックショップでない普通のスーパーにもその店独自のオーガニックブランドのコーナーがあることが多く、少なくともオーガニックセレクトの商品は必ず見つかります。ファストフード店のような飲食店でもオーガニックのジュースがだいたいどこでも買える、という感じで本当にオーガニック食品を手に取りやすいのです。また、値段も手頃なのも嬉しいところ。

IMG_20180223_100731_r
野菜売り場の様子。野菜も果物も基本は量り売りです。

そんな環境だからオーガニックも普及しやすいのでしょうね。

しかも私のよく行くオーガニックスーパーでは子どもが遊べるスペースもあって、キッズフレンドリー。おもちゃのセレクトも木馬や木製のキッチンなどナチュラルなものが多いのも嬉しい。

IMG_20180409_103942_r
お菓子コーナーの隣に併設されている子どもの遊び場。お菓子をおねだりされたら、ここで遊んで気を紛らわせるという技を使います(笑)
IMG_20180409_103252_r
この木馬が子どものお気に入り。

お店の大きさも普通のスーパーと変わらないくらいの規模です。ベルリンの中には色々な地域があって、アラブ系の方が多く住む場所にはトルコマーケットがあったり、若者の多い所には安めのスーパーがあったり、おしゃれな青山みたいな所には紀伊国屋的なスーパーがあったり、などなど、街によってスーパーの傾向も変わってきますが、ほとんどどこのエリアでも、オーガニックの大きなスーパーマーケットを見つけることができます。

ベルリンのオーガニックスーパーはコンセプトもしっかりしていて、ただオーガニックを売るというだけではなく、環境に配慮したライフスタイルをすすめるため、野菜は量り売りになっていて、取り分けには、ほとんどの場合紙袋が使われ、ビニール袋は分解され土に還るタイプのものが置かれています。プラスチックでパッキングされた野菜はあまりみかけません。もちろんプラスチックのレジ袋はなく、袋が必要な場合は紙袋か繰り返し使える買い物バックを買うことになります。

ペットボトルの飲み物もほとんど売っていないか、まったく売っていないお店もあり、水もジュースもビール瓶の飲み物が主流です。それを一ケースで買うとケース代金と瓶代も支払うことになりますが、空になったらそれを返却してお金も戻ってくるというシステム。このシステムはベルリン中に浸透しているpfand(プファンド)と呼ばれる返金システムで、瓶は購入時に8セント、ペットボトルは25セントを代金に上乗せして支払います。そして、飲み終わった瓶やペットボトルはまとめてお店に置いてある機械に通し返却、返金してもらうのです。

IMG_20180409_104252_r
飲み物売り場は瓶のみ。重くて不便な瓶だけどそれより環境重視!な姿勢はさすが。
IMG_20180409_104935_r
これが瓶の返却機、普通のスーパーでもどこでも置いています。

ペットボトルはリサイクルできると思っていましたが、実はあまり効率の良い物ではないらしく、環境にもよくない。なのでオーガニックのスーパーでは返却システムがあってもペットボトルの商品自体取り扱わないというお店もあるのです。徹底していますよね。

そしてオーガニック消費者もそういうコンセプトを大事にし、物を購入する時にその背景を考えて買うことを大事にしているようです。

また地産地消も勧められているので、近所でとれたものにはそのマークが記されて購入者も地元の生産者を買い支えることができます。

色々な人種、食生活の人がいる街なので、肉や魚だけでなく、卵や乳製品なども口にしないビーガン用のコーナーも、オーガニックスーパーだけでなくどこのスーパーでも種類が豊富でとても便利です。

IMG_20180214_123848_r
こちらビーガンコーナー。ビーガンのハム、ナゲット、ソーセージなどなど。

またオーガニック食品というと天然素材の洋服をきて、化粧もしないヘルシー系の人が買うもの、というイメージがあるように思うのですが、そういう概念がここでは覆ります。もちろんそういうタイプの人もいますが、全身タトゥーのお兄さん、ピアスだらけのお姉さん、髪の毛がカラフルに染まっている人も、性転換している人も、オーガニックのお店の店員さんにはたくさんいます。見た目のイメージとオーガニックなライフスタイルは関係ないというところにも「何を大事にするかということを、見かけで判断しない」というドイツの姿勢が伺えるようです。

こんな風にベルリンのスーパーやオーガニックスーパーをみていると、オーガニックという在り方が食だけでなく生活の在り方や考え方にも大きく影響していて、多様性を認める暮らし方と環境や人が循環する暮らしが大事なんだなぁとわかります。それがベルリンのオーガニックライフなのです。

reimage001

日登美(ひとみ)

18歳よりファッションモデルとして雑誌、広告等で活躍。その後、シュタイナー教育、マクロビオティック、ヨガなど、自然な子育てと暮らしを提案する。2010年、オーガニックベース 奥津典子氏のもとで学び、「KII認定マクロビオティックインストラクター」の 資格を取得。同校の講師も務める。2012年、ドイツ人数学者と再婚、翌年、生活の拠点をブラジル・サンパウロに移す。2015年、ドイツへ引っ越し三女を出産、三男三女の母となる。現在ベルリンにて自宅および出張で日本人、外国人に向けてマクロビオティック料理教室や日本の伝統食を手作りするワークショップを開催している。

instagram:https://www.instagram.com/hitomihgashi/

連載一覧はこちら
https://hanakomama.jp/keywords/organic-berlin-46769/