子育てママのお悩み解決メディア
小さな子どもたちと夫をベルリンに残し、大きな娘2人と東京ライフ
2018.08.10 by 日登美 日登美

連載:オーガニック子育て@ベルリン 小さな子どもたちと夫をベルリンに残し、大きな娘2人と東京ライフ

この連載は……

モデルの日登美(ひとみ)さんは、ドイツ人数学者の夫とともにベルリン在住、2歳から17歳まで、6人の子どもを持つお母さん。いっぽうで、マクロビオティック料理教室や日本の伝統食を手作りするワークショップを開催するなど、マクロビオティックインストラクターとしても活躍。この連載では、ベルリンでのオーガニックライフを、食、子育て、そして暮らしを通して、綴っていきます。


日本に一時帰国

この夏は二週間ほど日本に一時帰国をしていました。というのも、我が家の長女(17歳)は高校生なのですが、日本で暮らしているので久々の再会。そして次女(14歳)は私より一足先に一人で日本に行き久々の日本を観光しているので、東京で合流するというミッションがあったのです。

私は二週間ほど東京で娘達とともに過ごし、その他クッキングクラスなどの仕事もしていました。

IMG_20180730_093448_r
素晴らしいにほんの野菜に果物。たっぷり使ってクラスをやりました。

その間、他の子どもたちはどうしているかといえば、ベルリンで夫とともに、お留守番。

今回2歳半になる末娘とは初めての離ればなれでしたが、こんなこともあろうかと、半年前には卒乳、慣れた頃にはおじいちゃん家にお泊まりに行かせてみるなど、ちょっとずつママがいなくても大丈夫なように様子を見ながら進めていました。備えあれば憂いなし。というわけで私が一人で家をでてもすんなり「いってらっしゃ〜い」と手を振って、帰ってくれば嬉しそうに笑っていました。

そんな心強い状況もあり、双子のお兄ちゃん、4歳のお兄ちゃんと2歳半の末娘と夫をベルリンに残し、私は日本で娘二人と東京ライフ。いつもは小さい子のお世話が中心の生活から大きなお姉さんとの暮らしにシフトした二週間。

子だくさんで色々な年齢層の子どもがいる、そしてドイツと日本で離れて暮らしている、そうなると母としてもあらゆる感覚を使い、あらゆることに対応していかねばなりません。その上、国際結婚なので家族の在り方も柔軟にならざるをえません。そして、子どもが育ってくほどに、いつも一緒にいた家族がこうやっていろいろなところに離れていくようになるんだなぁとちょっと感慨深いものがありました。

滞在中は娘達と遊ぶだけでなく、こちらでも告知させていただいた吉祥寺オーガニックベースでのクッキングクラスも開催しました。猛暑のなかたくさんの方にきていただき感謝しています。

IMG_20180730_130659_r
今回のクラスの献立。地中海風野菜とテンペのグリルのソイヨーグルトソース。キヌアのサラダ。トルコ風レンズ豆のスープ。桃のマリネ。

テーマは地中感、トルコ風のスパイシーなビーガン料理(野菜料理)。食欲が落ちがちな夏にはハーブや薬味、スパイスやレモンなどの酸味をうまく使うと食べやすくなるのでとってもおすすめ。ドイツでレシピを作り日本でクラスをやる時には気候も風土も違い、使う野菜や水も違うので、同じように作れるレシピに仕上げるのが難しいところ。実際作ってみると、同じレシピでも日本ではちゃんと日本らしい味に仕上がるのは、面白いですね。 

IMG_20180730_131034_r
猛暑の中たくさんのご参加ありがとうございました!

お料理、食卓の上でも、日本とドイツの風土の違い、野菜の違い、求める味覚の違いなどさまざまな違いを感じています。

こんな風に、家族の中で、食卓の上で、暮らしの中で日本とドイツを通して様々な違いやバリエーションを体験しながら過ごすことで、より柔軟に世界を広げていけたらいいなぁと今回の滞在を通して思いました。

IMG-20180730-WA0005_r
私の日本滞在中、ベルリンに残った子どもたちは湖へキャンプに。
日登美

日登美モデル

10代よりファッションモデルとして雑誌、広告等で活躍。その後4人の子供を授かり自身の子育てから学んだ、シュタイナー教育、マクロビオティック、ヨガなどを取り入れた自然な暮らしと子育てを提案した書籍を多数出版。食についてもクシマクロビオティックアドバイザー修了後よりマクロビオティック料理を教え始め、オーガニックな家庭料理を提案したレシピ本を出版する。2013年ドイツ人数学者と再婚しブラジルを経てドイツ、ベルリンに移住。ベルリンではドイツ発祥の自然療法である国際ヒルデガルト協会認定ホリスティック医療コース修了しヒルデガルドヘルスケアドバイザーを取得。現在はオーガニック、ナチュラル、ヘルシーをモットーに台所からの食と暮らしと子育てのWSなど行っている。三男三女6児の母でもある。instagram.com/hitomihigashi_b

日登美さんの記事一覧 →