働くママのウェブマガジン

Column オーガニック子育て@ベルリン

暗くて寒いなかに心が温まることが埋め尽くされている、ドイツのクリスマス【日登美のオーガニック子育て@ベルリン】

2018.12.10

この連載は……

モデルの日登美(ひとみ)さんは、ドイツ人数学者の夫とともにベルリン在住、2歳から17歳まで、6人の子どもを持つお母さん。いっぽうで、マクロビオティック料理教室や日本の伝統食を手作りするワークショップを開催するなど、マクロビオティックインストラクターとしても活躍。この連載では、ベルリンでのオーガニックライフを、食、子育て、そして暮らしを通して、綴っていきます。


ドイツで迎えるクリスマスのこと

いよいよクリスマスの時期になりましたね。ベルリンでも街にはクリスマスマーケットが並びにぎやかになってきました。

IMG_20181128_161512
駅前のクリスマスマーケット。にぎわっています!
IMG_20181128_161527
クリスマスマーケットでは絵本にでてくるようなお菓子もいっぱい!

日本と違ってドイツではクリスマスの日だけでなく、その4週間前からアドベント(待降節)という時期があり楽しまれています。その頃になるとリースにロウソクが四本備わったものが売り出され、クリスマスの四週間前から日曜日ごとにロウソクを一本ずつともしていく、あるいは毎日アドベントカレンダーをめくって過ごすなどの習慣があります。

IMG_20181201_162233
今年のリースは近所のシュタイナー学校クリスマスバザーにて息子と手作りしました。
IMG_20181201_195945
できあがった今年のアドベントクランツ。クリスマスまで毎週一本ずつロウソクを灯して楽しみます。

カレンダーはただの日めくりから、中に小さな贈り物が入っているプレゼント付きまでいろいろな形式があるのですが、我が家では専らプレゼントつきカレンダー。日本にいる頃からシュタイナー教育(ドイツ発祥の教育法)の学校に通っていたこともあり我が家では慣れ親しんだ風習なのです。

日本にいる時から子どもたちはこの小さな贈り物をクリスマス当日よりも(?!)喜んでくれていたのですが(我が家では天使さんが毎日贈り物をくださってるってことになっていますが! 笑)、ドイツにきてこの楽しさ、ありがたさがさらに増しました。というのも、とにかくドイツの冬は寒くて暗い! 今の時期は朝の8時くらいまで真っ暗ですから子どもが自主的に朝起きてくるのは至難の業。そんな時期に毎朝わくわくする事が待っている、というのはすごく理にかなっているというか、楽しさが倍増。お陰で子どもたちがお布団から自分で出てきてくれるし! アドベント様さま、な我が家です。

IMG_20181130_182852
アドベントプレゼント24個ラッピング完了。子どもそれぞれの希望を密かに盛り込んだ贈り物を用意するのは楽しい!
IMG_20181205_104753
今年のアドベントプレゼントは子どもの遊び場に設置。お花や宿り木とともに。

そしてアドベントの時期には毎日の贈り物を楽しみにしたり、毎週ロウソクを灯してクリスマスの日を楽しみにしたり、クリスマスのシュトレンは焼きたてよりもの時間をおいてからの方がおいしいし、なにか「待つ」ことへの楽しさがあるように思います。クッキーを焼いたり、大事な家族への贈り物を探したり、暗くて寒いなかにほっと心が温まるようなことで毎日が埋め尽くされているのがドイツのクリスマス。

そしていよいよクリスマス当日となると意外にもどんちゃん騒ぎどころか、お店は閉まり、教会に行って賛美歌を歌い、家族で食卓を囲んで過ごす。クリスマスには静けさが大事にされているのです。

日に日に日の出が遅くなるのを感じながら、寒さが厳しくなるのを感じながら、暗闇と静まり返る自然界の様子を周りに感じる今の時期。心も体もうんと暗くなっていくような今の時期は、周りの事よりも内側を見つめていく時間なんだなぁとドイツにいると感じます。それは自分であったり、家族であったり。そういう内にあるものに目を向けていくと、不思議と外の世界とは対象的に暖かな光を感じられる。そんな風に人が自分の内側にこそ光を見つけられるのが今の時期、クリスマスの特別なところなのかもしれません。忙しい年末ではありますが、なぜか一年を通して今の時期ほど一日一日を噛みしめるような気持ちですごす時期はないのではないかなぁとも思うのです。

さて、そうはいってもやっぱり師走! できるだけ日々心に「静けさ」と「待つ」余裕を心がけて2018年の残りの時間も大事に過ごしたいと思います。

reimage001

日登美(ひとみ)

18歳よりファッションモデルとして雑誌、広告等で活躍。その後、シュタイナー教育、マクロビオティック、ヨガなど、自然な子育てと暮らしを提案する。2010年、オーガニックベース 奥津典子氏のもとで学び、「KII認定マクロビオティックインストラクター」の 資格を取得。同校の講師も務める。2012年、ドイツ人数学者と再婚、翌年、生活の拠点をブラジル・サンパウロに移す。2015年、ドイツへ引っ越し三女を出産、三男三女の母となる。現在ベルリンにて自宅および出張で日本人、外国人に向けてマクロビオティック料理教室や日本の伝統食を手作りするワークショップを開催している。

instagram:https://www.instagram.com/hitomihgashi/

連載一覧はこちら
https://hanakomama.jp/keywords/organic-berlin-46769/