働くママのウェブマガジン

Column オーガニック子育て@ベルリン

語彙力を伸ばしていく一つの鍵!?母国語での読み聞かせ【日登美のオーガニック子育て@ベルリン】

2019.04.20

この連載は……

モデルの日登美(ひとみ)さんは、ドイツ人数学者の夫とともにベルリン在住、2歳から17歳まで、6人の子どもを持つお母さん。いっぽうで、マクロビオティック料理教室や日本の伝統食を手作りするワークショップを開催するなど、マクロビオティックインストラクターとしても活躍。この連載では、ベルリンでのオーガニックライフを、食、子育て、そして暮らしを通して、綴っていきます。


母国語での読み聞かせ

我が家の子供たちは上の大きな子はポルトガル語にドイツ語、日本語を話し、下の二人はドイツ語と日本語を話します。海外引っ越し、国際結婚という思いがけない出来事を通して子供も私も多言語教育、という状況に身を置いているわけですが、特に下の二人はブラジル生まれのベルリン育ちという5歳児、生まれも育ちもベルリンな3歳児という日本語は家庭以外では基本的にふれあわない環境で生まれ育っています。

海外に長く住む日本人の先輩お母さん達からどのように日本語を維持しているのか、もしくはどのようにドイツ語を伸ばしていくのか、など経験談をお伺いしたり専門家の話を読んだりしていくうちに、一つのヒントを見つけました。

それは母国語での読み聞かせです。

折しも、私は上の四人の子供の時に特に読み聞かせを長い間しておりました。本人達が本を読む様になっても小学校3年生くらいまで本を読んで聞かせていました。そのおかげでしょうか?耳から入って来る情報への集中力というのがとても強くなったように思います。それが今となっては多言語環境での助けになっているのかもしれません。下の二人はといえばやはり、ほぼ毎日本語を読む。とにかく絵本が好きで本の内容を暗唱できるほど読まされています(笑)これもまた耳からの情報の集中力につながるのでしょうか。ともあれ、特に何かの効果を期待したわけではないのですが、どうも話を聞くと母国語ともう一つの言語をきちんと使えるような語彙力を伸ばしていく一つの鍵に、母国語での読み聞かせがあるようです。食と同様、耳の感覚を研ぎすましていくにも、正しい言語のみを聴く、ということが助けになるということでしょうか。

本がいつでも手に取れるところにある
本がいつでも手に取れるところにあると、よく見てくれます。
暗唱できるほど読んでます
日本語で大好きな絵本「ぐるぐるちゃん」シリーズ。暗唱できるほど読んでます。ちなみに作家の長江さんも元ベルリン在住仲間。
ひいおじいちゃんの読み聞かせ
ひいおじいちゃんの読み聞かせもお気に入り。
パパはドイツ語の読み聞かせ
パパはドイツ語の読み聞かせ担当。

そういえば、ドイツに来て日本とは違うなと思ったことの一つに、子供が聞くオーディオブックのことがあります。ドイツの本屋さんでは子供の本だけでなく、オーディオブックもとてもメジャーなのです。有名なシリーズ物から、幼児向けの短いお話、歌のCDに、子供向けのクラシック音楽を交えたお話などなど種類も豊富。DVDが主流な中でも子供のコーナーにはたくさんのお話のCDがあるのです。これはとても便利!もちろん、お話はお母さんやお父さん、側にいるひとが読んであげるのが一番ではありますが、忙しいお夕飯時や、雨降りで外に出られない時、風邪をひいて退屈な時など、母一人では家事に子守りにやりきれな〜いという時にはとても助かります。その上お話に耳をすます。耳に意識を集める。そういうことが次第に身に付いていくようですし。私は断然DVDよりオーディオブック派です。また、このオーディオブックは幼児だけでなく小学校高学年の子供にもとてもお勧め。我が子は車に乗る時に持っていき渋滞にはまっても楽しくお話を聞いていました。

オーディオブック
いざって時にはオーディオブック。日本語の昔話もあります。

ともあれ、楽しみながら耳を育てる。なんだか特した気分のオーディオブックは子育てお母さんの強い味方でもあるのです。

reimage001

日登美(ひとみ)

10代よりファッションモデルとして雑誌、広告等で活躍。その後4人の子供を授かり自身の子育てから学んだ、シュタイナー教育、マクロビオティック、ヨガなどを取り入れた自然な暮らしと子育てを提案した書籍を多数出版。食についてもクシマクロビオティックアドバイザー修了後よりマクロビオティック料理を教え始め、オーガニックな家庭料理を提案したレシピ本を出版する。2013年ドイツ人数学者と再婚しブラジルを経てドイツ、ベルリンに移住。ベルリンではドイツ発祥の自然療法である国際ヒルデガルト協会認定ホリスティック医療コース修了しヒルデガルドヘルスケアドバイザーを取得。現在はオーガニック、ナチュラル、ヘルシーをモットーに台所からの食と暮らしと子育てのWSなど行っている。三男三女6児の母でもある。


instagram:https://www.instagram.com/hitomiskuche/

連載一覧はこちら
https://hanakomama.jp/keywords/organic-berlin-46769/