子育てママのお悩み解決メディア
思春期の娘がベルリンでモデルに。なぜか私も!その裏話の巻。
2020.02.10 by 日登美 日登美

連載:オーガニック子育て@ベルリン 思春期の娘がベルリンでモデルに。なぜか私も!その裏話の巻。

この連載は……

モデルの日登美(ひとみ)さんは、ドイツ人数学者の夫とともにベルリン在住、2歳から17歳まで、6人の子どもを持つお母さん。いっぽうで、マクロビオティック料理教室や日本の伝統食を手作りするワークショップを開催するなど、マクロビオティックインストラクターとしても活躍。この連載では、ベルリンでのオーガニックライフを、食、子育て、そして暮らしを通して、綴っていきます。


思春期の娘がベルリンでモデルに。なぜか私も!その裏話の巻。

子供が6人もいればやはり親のやっていた仕事に興味を持ったりもして。次女がモデルに興味を持ったのは2年前の夏休み、日本で私が以前お世話になっていた事務所を通して撮影をさせていただいたのがきっかけでした。そうは言っても、なりたくてなれるものでもないのがモデル。ましてやこの業界、コネも知り合いもいないベルリンでどうしたもんかな、と思ってネットなどで調べていたら、なぜか我が家から行きやすいところにある事務所がモデルのオーディションをやっているとのこと。たまたま時間があったから「ちょっとどんなもんか見に一緒に行ってみる?」という軽い気持ちで出かけたのでありました。

日登美ph1
モデル事務所で撮った娘と私の写真。すっぴんだし。。。

行ってみるといるわいるわ。20人以上の男女様々なモデル志望の若者が!海外に住んでいるから外国人ばかりなのは当たり前ですけど、(って私たちが本当は外人なんだけど)なんだかドキドキしちゃいますよね、こういう人の中に入っていくのは。でも娘のためですもの。一緒についていきましたよ。そしたら受付の人が「あ、オーディションですね。じゃ、二人ともこの紙に記入してね」と。「おや?今、二人って言いました?」と思うが早いか、私もなぜかオーディションに紛れ込んでしまったという(笑)

日登美ph2
撮影合間の様子、学校にいるより活き活きしているのでは!

でも流石に言いました。「いや、私はこの子の母で付き添いです」と。ところがどっこい。事務所の方に「いや、あなたもいけるわ。紙を書いて」と!「マージー?!」と横で苦笑いしている娘を尻目に「いや、私から押し掛けたわけではないし。スカウトされたんだし、紙書くだけ書いておくだけだし」と言い訳がましい気持ちでポートレート写真まで撮られたりして、なぜか娘と一緒にオーディションを受け、なぜか結局娘と一緒にその事務所に入ることになったという。世にも奇妙なことがベルリンで起こったわけです。予想外の展開。その上早速、娘と一緒にヨーロッパで広告のお仕事の撮影もさせていただいたという。
娘とベルリンのスタジオに入った時にはさすがに感慨深いものがありました。しかもあまりにも想定外すぎて。まぁ私の人生は常に想定外ですが!

日登美ph3
ショーのバックステージにて。なんだか懐かしい気持ちがしました。

ともあれ今では娘は順調に学校の合間にちょこちょこ撮影などさせていただいて、いろいろ勉強になっている様子。実は口下手であまり自分の気持ちを伝えにくいタイプの次女。その上ここ数年は海外で暮らし始めたので言葉の壁や年齢的なこともあって余計自分を外に開いていくことが難しいようでした。それが言葉以外の世界つまりモデル業を通して新しい自分の表現場所を見つけたようにも見えました。

日登美ph4
娘の初コンポジット。まだまだこれからです。

机上の学びも大切なのはもちろん。(我が子はその辺弱いんですけど!)だけど、つまづいたとき、伸び悩んでいるとき、学校以外の場で自分を表現できる場をいろいろな形で見つけて、体験して、それを通して得ていくもの、学んでいくものは、特に大きくなってきた子供たちには必要なんだなぁと見ていて思います。
逃げ場というか。そういう「ゆとり」とか無駄と呼ばれるような「間」の中でこそ育っていくものもあるのだろうなぁと。ついつい日頃は目先の成績だけに気を取られがちなせっかちママなんで、親として勉強になりました。こんなふうに幼児期とはまた違った子育ての世界が同時進行している我が家なのであります。

日登美

日登美モデル

10代よりファッションモデルとして雑誌、広告等で活躍。その後4人の子供を授かり自身の子育てから学んだ、シュタイナー教育、マクロビオティック、ヨガなどを取り入れた自然な暮らしと子育てを提案した書籍を多数出版。食についてもクシマクロビオティックアドバイザー修了後よりマクロビオティック料理を教え始め、オーガニックな家庭料理を提案したレシピ本を出版する。2013年ドイツ人数学者と再婚しブラジルを経てドイツ、ベルリンに移住。ベルリンではドイツ発祥の自然療法である国際ヒルデガルト協会認定ホリスティック医療コース修了しヒルデガルドヘルスケアドバイザーを取得。現在はオーガニック、ナチュラル、ヘルシーをモットーに台所からの食と暮らしと子育てのWSなど行っている。三男三女6児の母でもある。instagram.com/hitomihigashi_b

日登美さんの記事一覧 →