子育てママのお悩み解決メディア

Column オーガニック子育て@ベルリン

気軽にアートに触れ合える暮らし。 ベルリンライフの醍醐味。

2020.02.20

この連載は……

モデルの日登美(ひとみ)さんは、ドイツ人数学者の夫とともにベルリン在住、2歳から17歳まで、6人の子どもを持つお母さん。いっぽうで、マクロビオティック料理教室や日本の伝統食を手作りするワークショップを開催するなど、マクロビオティックインストラクターとしても活躍。この連載では、ベルリンでのオーガニックライフを、食、子育て、そして暮らしを通して、綴っていきます。


気軽にアートに触れ合える暮らし。 ベルリンライフの醍醐味。

冬が長いドイツでは日照時間も短いし、お天気が悪いことも多いので子どもが外で遊べないということも日本より多いと思います。けれどその分子どもも楽しめる芸術、アートに触れる機会が街に溢れています。

日登美PH1
オーケストラとコーラスのクリスマスコンサート。小さな子どももたくさん見に来ていました。

本場ともいえるドイツの音楽シーン。オペラやコーラスなどクラシックな本物に出会える機会が多いのも嬉しいところ。私は音楽に詳しいわけでも、音楽をずっと嗜んでいるわけでもありませんが、小さい頃から美しい音楽に触れるチャンスがたくさんあるというのは、ベルリンに住んでいいなぁ!と思ったことの一つでもあります。音しかり、雰囲気しかり。素晴らしい伝統的な建物の中に入るだけでも何か見えない栄養をいただいたような気になるのは私だけ?感受性の高い子どもたちはもしかすると、私たち大人よりうんとそういう場の空気や雰囲気を感じ取っていたりするかもしれませんね。年頃の娘を連れてドレスアップしてオペラに行く。そんな楽しみは日頃のいさかいを(笑)忘れさせてくれるひとときでもあります。

日登美PH2
オペラホール、近所にあるので気軽にオペラ!たまにはおしゃれして娘と。というのも楽しい。

そしてドイツのすごいところは、伝統ある会場やオペラでもかなり手頃な値段で観劇できて、かの有名なベルリンフィルも高額な席だけでなく、学生や子供向けに安いチケットもあるところ。そういう風に若者や子どもや経済格差があっても、多くの人が気軽に演劇やアートや音楽に触れる機会を作ろうと政府がインベストしているというのはドイツに来て素晴らしいなぁと思いました。

日登美PH3
雨の日は公園替わりに博物館、がベルリンスタイル。ここも老若男女人がたくさん!

またアートといえば壁の落書きから、横断歩道の待ち時間にジャグリングをする人、道端や電車の中で楽器を演奏する人など幅広く様々なジャンルが混在しているのも見どころ。いろんな国籍のいろんな人が町中でいろんなものを披露していて、街自体がアート、エンターテイメント、そんな空気があるのがベルリン。その多様性もベルリンのアートと呼べるかもしれません。そういう雑多な雰囲気を肌で感じられるのが、ここでの暮らし、子育て。

日登美PH4
アーティストによる子ども向け演劇、エンターテイメントは親も楽しめる。

休日ともなれば美術館や博物館は、幼稚園児以下の子どもや乳幼児もたくさんやってきます。まるで寒くて公園に行けないからちょっと寄るか、ってな感じ。
そして大きな劇場だけでなく、子ども向けの小さな人形劇や演劇、オペラやコンサートと年齢に応じて楽しめるアート活動が盛んなのも面白いところ。しかも結構盛り上がってる。文化として根付いている。

日登美PH5
オペラ会場の中はため息でるほど美しい…ちなみにスーツ姿のボーイさんも素敵でした(笑)

ついつい世の中や話題がテレビやネット一辺倒になりがちな今の時代に、メディアを介せず楽しめる生の娯楽ともいえるアートを幼い頃から楽しめる、そういう機会が当たり前にあるっていうのは特に子どもたちにとって、これからもっと必要になってくるような気もします。
そしてその体験はどこか本物の食卓を囲むということと似ているなぁとアートと触れ合う日々の中で思うようになった私です。

日登美

日登美 (ひとみ)モデル

10代よりファッションモデルとして雑誌、広告等で活躍。その後4人の子供を授かり自身の子育てから学んだ、シュタイナー教育、マクロビオティック、ヨガなどを取り入れた自然な暮らしと子育てを提案した書籍を多数出版。食についてもクシマクロビオティックアドバイザー修了後よりマクロビオティック料理を教え始め、オーガニックな家庭料理を提案したレシピ本を出版する。2013年ドイツ人数学者と再婚しブラジルを経てドイツ、ベルリンに移住。ベルリンではドイツ発祥の自然療法である国際ヒルデガルト協会認定ホリスティック医療コース修了しヒルデガルドヘルスケアドバイザーを取得。現在はオーガニック、ナチュラル、ヘルシーをモットーに台所からの食と暮らしと子育てのWSなど行っている。三男三女6児の母でもある。instagram.com/hitomihigashi_b

日登美さんの記事一覧 →
日登美さんの記事一覧 →