子育てママのお悩み解決メディア
子どもの興味はますます活発に!

連載:パパFPの「子どもとお金」 子どもの興味はますます活発に!

この連載は……

ファイナンシャルプランナーで3人の男の子のパパ、福本眞也さんが、子育てしていくうえで避けて通れない「お金の話」をわかりやすくご紹介。子育てに役立つお金の専門知識を、福本さんが子育てしていくなかで感じるリアルなエピソードを交えながら綴ります。

vol.61 子どもにもわかる、株の本質を知る!

三男の質問が続きます。「父さん、ニンテンドーの株はいくらなの?」

「すご~く高いよ。だいたい670万円くらい。でも、この価格は毎日変わるんだ。この価格のことを株価と言うから覚えてね」

「え~~、そんなに高い株ぼくには買えないじゃん。ところで、どうして株価は毎日変わるの?」

「そうだな、では、君がよく遊ぶSwitchは、クラスメートの何人くらいが持っているか知っている?」

「女子には聞いたことはないけど、男子18人の半分以上は持ってると思うよ。」

「君のクラスの男子の半分以上! すごい人気だね。君が知る限りでも9~10人、そして学年で考えると5クラスあるから、その5倍、もしかすると上級生の2年生3年生も同じだとすると、またその3倍、それを日本全国の同級生だけでも・・・それどころか下級生や子ども、そして大人も数えると・・・また、世界中では!?
それに、Switchで遊ぶための色々なゲームソフトがあるよね。
君は持ってないけど『あつまれ どうぶつの森』の累計販売本数は、2021年3月末でなんと3,263万本(2021年5月6日発表の任天堂決算短信より)なんだよ!」

「えっ! そんなに!」

「それだけじゃないよ。それ以外にもたくさんのタイトルのゲームソフトがあって、その売り上げ本数は2億3,088万本! それだけ多額のお金が動いているんだよ。任天堂の2021年3月期の売上は1年間に1兆7,589億円だよ。すごい金額だね」

「やっぱり、ぼくにはそのお金が大きすぎてピンとこないけど、もしかして、ゲームソフトとかがたくさん売れる、売れないで株価が変わるの?」

「その通り! よくわかったね! 父さんの会社のように小さな会社でも、ニンテンドーのような巨大な会社でも、1年間の売上、どんな商品を売ってお金を稼いだかということを数字でわかるようにするんだ。これを決算すると言うんだよ。そして、一昨年より昨年、昨年より今年、今年より来年と言う具合に売上が増えて、同時に利益も増えれば会社はその利益の一部を株主に渡すんだ。株式会社は会社を動かすためのお金を『株式』と言う形で資金を集めて、株主にそのお礼をするんだよ」

「どんなお礼があるの?」

「配当金と言って、まずはお金だよ。その次には株主優待と言って、例えばその会社の商品とかいろいろあるよ。君たちの身近なものを例にあげると、ディズニーランドを運営しているオリエンタルランドの株主優待には、その株数に応じてフリーパスポートなどがもらえるよ」

「株主になると楽しみが増えるんだね! やっぱりニンテンドーの株主になりたい!」

「今、売れているモノ、それを作っている会社、流行っているモノやサービスも同じようにどこかの会社が世の中に出しているので、その会社の売上や利益がどれくらい増えるかをよく考えて、株を買ったり、売ったりするわけ。
良いことばかりではなくて、例えば、新型コロナの影響を受けて、売上が落ちてしまう会社もあって、悲しいけど厳しい状態になり株価が下がった会社もたくさんあったんだ」

「そっか。じゃあ、これから売上や利益が増えそうな会社の株式を買って、減りそうなら売る。それで株価が変わるのか。わかったような気がする!」

「まだまだ若い君たちでも、株のことを知れば世の中の動きが見えてくるし、日本だけでなく、世界中に目を向けて日々の生活を送れるようになるよ。この機会に世の中のことについてもう少し勉強してみようね」

「うん、なんか楽しい!」

福本 眞也

福本 眞也ファイナンシャルプランナー

1級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)、CFP®認定者(日本FP協会)、2020年日本FP協会広報センタースタッフ。三菱UFJモルガンスタンレー証券(旧ユニバーサル証券)、TD銀行・証券、クレディスイス証券、JPモルガン証券など日系・外資系大手金融機関勤務を経て2009年に独立。金融の幅広い知識を持ち、現役パパ目線で家計相談など個人を中心に、楽しく、わかりやすい金融コンサルティングを行っています。twitter.com/fp_fukumoto

福本 眞也さんの記事一覧 →