子育てママのお悩み解決メディア
子どもにスマホを持たせる時の注意点。
2020.01.15 by 福本 眞也 福本 眞也

連載:パパFPの「子どもとお金」 子どもにスマホを持たせる時の注意点。

この連載は……

ファイナンシャルプランナーで3人の男の子パパ、福本眞也さんが、子育てしていくうえで避けて通れない「お金の話」をわかりやすくご紹介。子育てに役立つお金の専門知識を、福本さんが子育てしていくなかで感じるリアルなエピソードを交えながら綴ります。


vol.28 息子3人にスマホを持たせたら、その後どうなった?

Sad little boy with mobile phone on black background, space for text
Sad little boy with mobile phone on black background, space for text

前号vol.27でお伝えしましたように、子ども3人同時にスマホを持たせた我が家。その後、子どもたちはルールを守れているでしょうか? 

答えは、今のところ「はい」です。

長男は高校入試が間もなくですので、塾の往復以外はほぼ持たせないようにしています。iPhoneのペアレンタルコントロール(スクリーンタイム)の基本設定は「許可しない、4才以上、9才以上、12才+、17才以上、全て許可」の6段階ありますが、我が家では3人とも「12才+」で縛りをつけています。
「アプリの制限(使用とインストール)」、「WEBは許可されたサイトのみ」にして子どもたちの使い方の様子を見ています。
当初はそれぞれの年齢に近い設定を試しましたが、家族で連絡を取り合う基本ツールをLINEにしているものの、iOS12以降は9才以上設定では使えないため12才+に統一しました。

先月ちょうど更新月だったので我が家全員の携帯電話を見直した結果、私と妻は別の携帯電話会社(格安)へ移動したため、子どもたちとの通話は家族割引にはなりません。私と妻は通話10分間無料なので問題ありませんが、子どもたちから私たちへは基本的にLINEチャットを、急ぎの場合はLINE通話もしくはFaceTimeを使います。

長男には当初17才以上設定で塾へ持たせたのですが、その日の帰りがいつもより遅かったので、もしやと思いデータ通信使用量をチェックすると、いきなり450MB(メガバイト)も減っています。長男に画像や動画を観たかと問いただすとビンゴでした。
急用でない限り、自宅などWiFi環境以外ではむやみに画像や動画は観ないようにと説明し、設定を12才+にして制限を厳しめにした以降は、データ通信使用量のコントロールがしっかりとできています。更にスマホの使用時間も履歴として見られるので管理は万全です。

3人個別で設定を変えているのが、開始・休止時間(休止中は使用不可)です。夜中や早朝にこっそり見ようとしても何も見られません。子どもたちも渡された当日と翌日は、こっそり見ようとしたようですが、無駄だとわかり今は誰も「こっそり」はせず、親の言いなりです。(笑)

2018年11月からサービスが開始された準天頂衛星みちびきのGPS精度は誤差数㎝と言われています。子どもたちにはあえて伝えてはいませんが、位置情報追跡アプリをインストールしており、若干のタイムラグはありますが、移動中のスピードと位置情報がライブで見られて、目的地への到着通知も来ます。私も初めて導入しましたが、ここまで精度が高いとは知りませんでした。既に使われている親御さんも多いのではないでしょうか。念のため検証したのですが、基本的にGPS信号を利用するのでデータ通信はほぼ使われないようですので、データ通信使用量の心配はありません。ここ肝心ですよね!(笑)

今回、子ども3人にスマホを持たせて一番良 かったことは、全員がバラバラに行動していても、LINEで個別か家族グループで連絡がとり易くなったことです。以前はひとりひとりにCメールを送っても 、既読か否かは不明なので、結局電話をかけていましたが、スマホを持たせてからは、まずはチャットで連絡します。既読か否かがわかるのは便利ですよね。「うちはずっと前から使っているわよ!」と微笑んでいる方もいらっしゃるでしょう。

まだ3週間程度の試みですが、先ずはスマホの使用ルールが3人とも守れていること、使用料金は以前のガラケーとさほど変わらないこと、緊急時にはGPS機能で位置情報確認ができること、今春高校生になる長男が例えば財布を忘れて通学してしまった場合には、LINE Payなどでお金を振り込めますので、これも緊急時には助かるツールになります。

これまで子どもから我が家は何かと厳しすぎると言われ続け、また周りの環境に屈することなくスマホを持たせずにきましたが、ペアレンタルコントロールのお陰で心配はなくなりました。また総務省のお声のお陰で、料金も家族5人で6,694円と経済的にも満足しています。

私・妻の料金合計 3,460円
子どもの料金合計 3,234円
総合計 6,694円

今後は、ペアレンタルコントロールの設定をどのタイミングで変えるのか、また今は気付かぬ問題も将来出てくるかもしれません。今後も機会を見つけて皆さんにお知らせしたいと思います。

FP福本眞也さんプロフィール写真

福本 眞也(ふくもと・しんや)

息子3人のパパFP。
1級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)、CFP®認定者(日本FP協会)
日系・外資系大手金融機関勤務を経て独立。
金融の幅広い知識を持ち、現役パパ目線で家計相談など個人を中心に、楽しく、わかりやすい金融コンサルティングを行っています。
Twitter https://twitter.com/FP_Fukumoto(子育て事情とお得な情報をつぶやき中)
HP https://www.fpconcier.com(金融・経済の基礎ブログを掲載中)

photo by Adobe Stock
福本 眞也

福本 眞也ファイナンシャルプランナー

1級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)、CFP®認定者(日本FP協会)日系・外資系大手金融機関勤務を経て独立。金融の幅広い知識を持ち、現役パパ目線で家計相談など個人を中心に、楽しく、わかりやすい金融コンサルティングを行っています。twitter.com/fp_fukumoto

福本 眞也さんの記事一覧 →