子育てママのお悩み解決メディア
救世主はポップコーン

連載:『Step and a Step』500gで生まれた赤ちゃん 救世主はポップコーン

終わらないと思っていたトイトレが、なんと最終段階に入ってきました。

奏ちゃんは、今年になっておしっこをトイレでできるようになったものの、6月初旬はまだうんちがトイレでできなくて、おむつじゃないと嫌だと言ったり、わざとパンツでしたりしていました。それが急にトイレでできるようになったんです。もう、就学までにできるようにならないんじゃないかと、疑問だったのですが、本当に、急にできたんです。

何がきっかけかわかりませんが、今まで便秘が酷くて、バナナを食べても、りんごを食べても、下剤を飲んでも、なかなか出なくて、5日に1回くらいしか出なかったりする時もあり、出すのに時間がかかって、それもあってトイレに座って待つというのが大変だったのだと思います。

それが、ある日、急にポップコーンにハマって、大きな袋を一袋食べるくらい大好きになった途端、出るようになったんです。以前より楽に。ポップコーンの食物繊維さまさまです。ちょっと食べ過ぎなんじゃないかと思うくらい、毎日ポップコーンを食べているのですが、便秘対策と思うと、まぁいいのかな。

とは言え、多動な奏ちゃんはじっとトイレに座っているのが大変なので、ポータブルののDVDプレイヤーをトイレに持ち込んだり、本を持ち込んだりしています。

そして、トイレでできるようになった途端に変わったのが、トイレに座った後は、

「ママあっちいってて」と言うようになったこと。

奏ちゃんは今までオムツでうんちを人前でしても恥ずかしいと言う羞恥心が全くなかったので、いきなり道端やレストランの席でふんばったりしていたのです。赤ちゃんや3歳くらいの子ならまだしも、もう見た目はだいぶ大きいので、その度に私は焦って、トイレに連れて行こうとしたり、その場を離れようとしたり……。

トイレも必ずママに隣にいて欲しかったのに、急にうんちの最中は隣の部屋にいるように指示してきて、驚きました。オムツが取れると急に心も成長すると聞いていたのですが、このことかなと。

とは言え、まだ睡眠中はオムツ履いていますが、就学前にはなんとか取れるかな。あと、おしり自分で拭けるようになれるのかが課題です。

トイトレで焦る人が多いと思いますが、奏ちゃんが尿道下裂の手術の時に泌尿器科の先生に言われたのは、

「早く取れても特にいいことないよ。就学前までに取れたらいい」

それを心に、トイトレを進めてきました。奏ちゃんももう5歳8ヶ月。修学まであと8ヶ月。トイトレもいよいよ終盤です。

田尾沙織

田尾沙織写真家

東京都出身。写真家。2001年第18回『ひとつぼ展』グランプリ受賞。写真集『通学路 東京都 田尾沙織』『ビルに泳ぐ』PLANCTON刊行。雑誌、広告、CMの撮影などでも活動。500gで生まれた息子のNICU.GCUを退院するまでの256日間を写真とともにつづった書籍「大丈夫。今日も生きている」(赤ちゃんとママ社)が好評発売中。

田尾沙織さんの記事一覧 →