子育てママのお悩み解決メディア
【チュートリアル福田の育児エッセイ・66】最近、絵本好きになった息子のお気に入りのタイトルとは?
2020.11.04 by 福田 充徳 福田 充徳

連載:チュートリアル福田の育児エッセイ 【チュートリアル福田の育児エッセイ・66】最近、絵本好きになった息子のお気に入りのタイトルとは?

チュートリアル福田充徳のはじめてパパのなんでも新発見!

この連載は……

2017年12月、待望の第一子となる男の子が誕生! 新米パパとして、まだまだわからないことだらけだと言う福田さんの育児日記です。子どもとの毎日の暮らしの中でみつけた発見や感動、ときにするどい(!?)ツッコミを赤裸々に語っていただきます。


第66回 1歳半の“あるある”に共感しているのかもしれない。

前回、お人形遊びが好きという話をしましたが、最近は絵本を読むのもお気に入り。今まで、あまり絵本に興味を示さなかったのですが、自粛期間中くらいから「絵本を読もう」と言ってくることが増えました。

息子のお気に入りは「きょうりゅうバス」や「ざっくん! ショベルカー」と言った乗り物系の絵本。それと、以前に住んでいる地域から出産祝いでいただいた「ブレーメンの音楽隊」の絵本も大好きで繰り返し読んでいます。

息子が「絵本を読もう」という時は「読んで!」と言って読み聞かせしてあげるときもあるのですが、パパに「ざっくん! ショベルカー」を渡して、自分は「ブレーメンの音楽隊」を読むという、それぞれ読書するスタイルをとることが多いです。

「こいつ、読めへんのになにやってるんやろ?」と思いますが「犬が言った!」とか声に出して読んでいて、以前に読み聞かせしてもらったことをちゃんと覚えているんだなと感心しました。

あと、我が家で流行ったのがminchiさんの「いっさいはん」という絵本。1歳半の子どもがしがちな「あるある」を1冊にまとめたもので、どっちかというとこれはパパやママが読んで楽しい絵本だと思うのですが、息子も大好きなんです。

「食べながら寝る」とか「静かにしていると思ったら散らかしている」とか「これ、わかるわー」とか「わ、おれもコレ、やるやるー!」って思っているのでしょうか。

2歳でも共感するところがあるのか、けっこう繰り返し読んでいますね。

福田 充徳

福田 充徳お笑い芸人

1975年京都府生まれ。幼稚園からの幼馴染である徳井義実とお笑いコンビ・チュートリアルを結成。2006年の『M-1グランプリ』で優勝し、大きな話題を集める。現在、「人生が変わる1分間の深イイ話」、「しゃべくり007」(ともに日本テレビ系) などTV、ラジオでレギュラーを持つ。

福田 充徳さんの記事一覧 →