子育てママのお悩み解決メディア
リアルすぎる恐竜ショーはインパクトが強すぎて……?【チュートリアル福田の育児エッセイ・71】

連載:チュートリアル福田の育児エッセイ リアルすぎる恐竜ショーはインパクトが強すぎて……?【チュートリアル福田の育児エッセイ・71】

チュートリアル福田充徳のはじめてパパのなんでも〈新発見〉!

この連載は……

2017年12月、待望の第一子となる男の子が誕生! 新米パパとして、まだまだわからないことだらけだと言う福田さんの育児日記です。子どもとの毎日の暮らしの中でみつけた発見や感動、ときにするどい(!?)ツッコミを赤裸々に語っていただきます。

第71回

壮絶な恐竜バトルの結果は、息子のさじ加減次第です!

息子がすっかり恐竜好きになったので、おもちゃも買ってあげようという話に。人気なのはやっぱり、ビニールモデルの恐竜フィギュア。それが本人もお気に入りですが、どうしても激しく遊ぶので顔や体に当てられたり、布団の中に置きっぱなしにしてうっかり踏んだりすると、めちゃくちゃ硬くて痛い。

だから「ぬいぐるみにせえへん?」と提案してみましたが、息子的にはイマイチみたいで、却下されてしまいました。

硬い恐竜同士をぶつけあわせて、激しく戦わせたい。それが面白いみたいですね。いつも息子は「ステゴサウルスとトリケラトプスどっちが強いと思う?」と恐竜2体のフィギュアを持って聞いてきます。

「トリケラトプスかな?」と答えると、バーっと戦わせて「……はい、ステゴサウルスでしたー!」と遊んでいます。それ、どっちが勝つかは100パーセントお前のさじ加減やないか! と思いますが、楽しそうなのでまあいいかなと思います。

すっかり恐竜にハマったので、いろいろ恐竜に会えるスポットにも足を運んでいます。立川で恐竜ショーがあると聞けば、家族で見に行ったりとか。上野の国立科学博物館にも行きました。

しかし、うっかり恐竜ショーのあとに博物館へ行ったものだから、奥さんは「あれ、ここは骨しかないの?」と。いや、向こうはショーやから本物がわんさかおるけど、博物館に本物いたらえらいことやで、と思いました。

現存する本物の恐竜の骨がみられるだけでも、すごいことですが、リアルすぎるショーのあとだと、骨のインパクトはちょっと弱かったみたいです。

福田 充徳

福田 充徳お笑い芸人

1975年京都府生まれ。幼稚園からの幼馴染である徳井義実とお笑いコンビ・チュートリアルを結成。2006年の『M-1グランプリ』で優勝し、大きな話題を集める。現在、「人生が変わる1分間の深イイ話」、「しゃべくり007」(ともに日本テレビ系) などTV、ラジオでレギュラーを持つ。

福田 充徳さんの記事一覧 →