子育てママのお悩み解決メディア
【チュートリアル福田の育児エッセイ・94】おもちゃを捨てるのも難しいけれど、買うのも難しい。

連載:チュートリアル福田の育児エッセイ 【チュートリアル福田の育児エッセイ・94】おもちゃを捨てるのも難しいけれど、買うのも難しい。

チュートリアル福田充徳のはじめてパパのなんでも〈新発見〉!

この連載は……

2017年12月、待望の第一子となる男の子が誕生! 新米パパとして、まだまだわからないことだらけだと言う福田さんの育児日記です。子どもとの毎日の暮らしの中でみつけた発見や感動、ときにするどい(!?)ツッコミを赤裸々に語っていただきます!

息子と一緒にマンモスのフュギュアを買いに出かけたら……。

おもちゃの捨て方も悩みますが新しいおもちゃを買い与えるときにもいろいろと悩みます。はっきり言って、僕はいつだって息子におもちゃを買ってあげたい! だって息子が喜ぶから。そんな気持ちがある一方で、いつでも買ってもらえると思われても困るな……というのもあります。教育的に考えると、やはりなんでもかんでも欲しいと言ったら買ってもらえるという感覚にはなってほしくないんです。だけど、正直買ってあげたい。買ってあげてパパの株をあげたい。いつもこの両方の気持ちの間で悩んでいます。

また、息子本人にしてみたら1万円超えするようなたっかい高級なおもちゃも100円のお菓子のおまけみたいなおもちゃも同じおもちゃ、等価値なんですよね。その時、欲しいと思ったものが欲しい。そこのところを冷静に判断しないといけないです。この間も、息子がマンモスのフィギュアが欲しいと言いだした。ずっとずーっと言っているのでよしマンモスのフィギュア買いに行こう! と新宿へ出かけることに。新宿まで行けば大きなデパートもあるし、おもちゃ屋さんもある。どこかでマンモスのフィギュアが見つかるだろう、と、ちょっとこちらも宝探し気分になって、よしマンモスのフィギュアみつけてやるぞ! と意気込んでいたんです。

そうしたら1軒目に入ったおもちゃ屋さんでマンモスのフィギュアはなかったんですが動物のフィギュアがいろいろあって、その中にフラミンゴのフィギュアがあった。そうしたら、息子が突然「これが欲しい!」と言いだしたんです。こっちはこれから1日かけて、息子のマンモス探しツアーに付き合う気満々でいたんです。それなのに……。「え!?   フラミンゴでええの?」と正直、拍子抜けです。「マンモスじゃないけど、これでいいのか?」とけっこうしつこく聞きましたが「これが欲しい!」とぐずりだす始末。そう言うならそれでいいか…とフラミンゴのフィギュアを買って帰りましたが、結局家に持って帰ったところで、フラミンゴで全然、遊でばへん……。だからマンモスを探そうっていったやろうが! とフラミンゴのフィギュアを見るたびに思います。

どんなおもちゃを買い与えるのか、本当に難しい問題です。

福田 充徳

福田 充徳お笑い芸人

1975年京都府生まれ。幼稚園からの幼馴染である徳井義実とお笑いコンビ・チュートリアルを結成。2006年の『M-1グランプリ』で優勝し、大きな話題を集める。現在、「人生が変わる1分間の深イイ話」、「しゃべくり007」(ともに日本テレビ系) などTV、ラジオでレギュラーを持つ。

福田 充徳さんの記事一覧 →