働くママのウェブマガジン

Column はじめてパパのなんでも〈新発見〉!

【チュートリアル福田の育児エッセイ・27】妻と1週間くらい入れ替わってみたい

2019.04.17

チュートリアル福田充徳のはじめてパパのなんでも〈新発見〉!

この連載は……

2017年12月、待望の第一子となる男の子が誕生! 新米パパとして、まだまだわからないことだらけだと言う福田さんの育児日記です。子どもとの毎日の暮らしの中でみつけた発見や感動、ときにするどい(!?)ツッコミを赤裸々に語っていただきます!


第27回 専業主婦になってみないときっとわからないことがある。

以前にも書きましたが、母親の大変さは男親にはどうしても分からない。それをどう考えるかは、その夫婦次第だと思いますが、僕はできるだけ分かちあいたいと考えるタイプのようです。もし仕事を休めるのだとしたら今、いちばんやってみたいことは専業主婦です。たとえば1週間くらい息子の面倒だけみて過ごしてみたい。それで自分がどう心境が変化するのか、そこから息子への対応も変わってしまうのかを知りたいんです。

今の僕は、1日のうちで朝の3時間と夜の3時間くらいが息子といれる時間です。午前中の仕事に行く前に離乳食を作って食べさせて、遊んで。で、仕事に行ってくる。帰ってきたら、風呂に入れて寝かしつけをする。このくらいの作業分担だと、外に出て仕事もしているし、気分も変わるので1日のうちのその3時間ずつくらいは、息子のわがままにもしっかりつきあえるし、かわいいと思ってお世話ができます。でも、それが6時間とか7時間とかびっしり2人きりで、しかもそれが1週間も続いたら、一体どうなるんやろうかと思います。

あと、もうひとつ最近気づいたことは息子も奥さんがいるときと、僕と2人でいるときでは様子が違うんです。僕といるときは、本当に手がかからない、いい子なんです。そりゃ赤ちゃんなのでわーっと泣くこともありますが、抱っこしたり、遊んであげたりしたらそれで落ち着くし、一緒にテレビみてゆっくりするくらいの余裕がある。でも、奥さんがいるとずっと「抱っこして!」「おっぱいして!」となってしまうんです。だから奥さんに「今日は1日大変だった」と言われても「え、なにが?」と思ってしまうんですけど、それは違うんだなって最近ようやく気がつきました。ママがいると、どうしてもべったり甘えてしまう。パパにはそういうのはないんです。ないということが分かるとそれはそれで寂しいですし、1週間くらい立場が変わったら、それも変わるのかな? それ経験してみたいな、でもめちゃくちゃ大変そうやな…と思います。

 奥さんが仕事復帰とかしたら、もっと2人の時間が増えるかもしれない。そうしたら専業主婦のみなさんの大変さをもう少しでも理解できるのかなと思います。育児のどこか真っ暗なトンネルの先がみえないような不安も、ひとりでも共感してくれる人いたら、救われるんじゃないかなと勝手に思っています。

IMG_0714

福田充徳

ふくだ・みつのり 1975年京都府生まれ。幼稚園からの幼馴染である徳井義実とお笑いコンビ・チュートリアルを結成。2006年の『M-1グランプリ』で優勝し、大きな話題を集める。現在、「人生が変わる1分間の深イイ話」、「しゃべくり007」(ともに日本テレビ系)などTV、ラジオでレギュラーを持つ。現在、4年ぶりとなる単独ライブツアー【チュートリアル ライブツアー2019「奮発の黄昏」】を全国で公演中。


過去の連載はこちらから
徳井のツイッターで出産を報告した理由
ちゃんと YouTube 観た通りにやって!
息子とお風呂に入って疑問に思うこと
息子の顔が荒れた!!
ノンスタ石田、ロバート山本、千鳥ノブ……。芸人仲間とのパパトーク!
「これが幸せか……」、と歩きながらじーんとすること
妊娠中の妻の変化で驚いたこと
とろサーモン村田の家の前で破水!

過去の連載一覧


こちらも読んで!
チュートリアル福田充徳さんインタビュー! 新米パパは毎日が不安!?
取材・文〇梅原加奈