働くママのウェブマガジン

Column はじめてパパのなんでも〈新発見〉!

【チュートリアル福田の育児エッセイ・33】福ちゃん、息子へのしかり方、怒り方で悩む。

2019.07.10

チュートリアル福田充徳のはじめてパパのなんでも〈新発見〉!

この連載は……

2017年12月、待望の第一子となる男の子が誕生! 新米パパとして、まだまだわからないことだらけだと言う福田さんの育児日記です。子どもとの毎日の暮らしの中でみつけた発見や感動、ときにするどい(!?)ツッコミを赤裸々に語っていただきます!


第33回 おもちゃを散らかす息子。でもこれって怒ること?

息子も1歳をすぎていよいよヤンチャになってきました。ここ最近よく考えるのは、息子への怒り方。どうやって怒るのがいいのか、そもそも怒っていいものなのか。よくネットの育児記事なんかをみていると「叱らない子育て」などという言葉も目にします。怒らずにいられたら、それはもちろんそれがいいのですが、「これ、どうするの?」という場面に出くわすこともしばしばです。

例えば、たくさんおもちゃが入ったおもちゃ箱。息子はそれを、ひっくりかえしてわーっておもちゃが散らばるのをみているのが楽しい様子。それを繰り返しやっています。僕が片付けたら「ばちゃー」、片付けたらまた「ばちゃー」。これを「やめなさい!」と怒ってしまえることと言えば、そうなんですけど、でも僕は怒るのも違うかなと思うんです。だって、片付けないと困るというのは、僕の都合であって、息子は散らかっていることが悪いことと思ってやっているわけではない。それを頭ごなしに怒っても、当然なんのこっちゃわからないですし、なにも伝わらない。まあ、俺が片付ければええことやしな……と思って、軽い感じで「やめてー」って言いながら、片付けています。

もちろん、椅子の上に立ったりとか、火のそばに近づいたりとか、危険がある場合は強く言葉をかけるようにしています。でも、おもちゃ箱ひっくり返すとか、細かく設定してある空気清浄機のコンセントを抜かれて全部無に返ったとか、せっかくふわっと焼き上げたパンを上からベシャッと潰される……そういうことは、すべて大人の都合やしなあと思うので。それを「しちゃダメ!」とか「やめなさい!」と怒るのはちょっと大人も勝手かなあと思ってしまいます。

仲のいい知り合いのスタイリストさんは上が5歳のお兄ちゃんで下が2歳。彼女は、もうずっと怒っていてイヤになる、と言っていました。朝ごはん食べなさい、早く支度しなさい、そういうことをずっと言っていると、お母さんも疲れてしまいますよね。でも、怒らないことには、何も前に進まない。怒り方については、これからもっと悩むことになりそうです。

福田充徳

福田充徳

ふくだ・みつのり 1975年京都府生まれ。幼稚園からの幼馴染である徳井義実とお笑いコンビ・チュートリアルを結成。2006年の『M-1グランプリ』で優勝し、大きな話題を集める。現在、「人生が変わる1分間の深イイ話」、「しゃべくり007」(ともに日本テレビ系)などTV、ラジオでレギュラーを持つ。


過去の連載はこちらから
徳井のツイッターで出産を報告した理由
ちゃんと YouTube 観た通りにやって!
息子とお風呂に入って疑問に思うこと
息子の顔が荒れた!!
ノンスタ石田、ロバート山本、千鳥ノブ……。芸人仲間とのパパトーク!
「これが幸せか……」、と歩きながらじーんとすること
妊娠中の妻の変化で驚いたこと
とろサーモン村田の家の前で破水!

過去の連載一覧


こちらも読んで!
チュートリアル福田充徳さんインタビュー! 新米パパは毎日が不安!?
取材・文〇梅原加奈