働くママのウェブマガジン

Column はじめてパパのなんでも〈新発見〉!

【チュートリアル福田の育児エッセイ・35】公園デビューでベテランママに「負けた!」。

2019.08.07

チュートリアル福田充徳のはじめてパパのなんでも〈新発見〉!

この連載は……

2017年12月、待望の第一子となる男の子が誕生! 新米パパとして、まだまだわからないことだらけだと言う福田さんの育児日記です。子どもとの毎日の暮らしの中でみつけた発見や感動、ときにするどい(!?)ツッコミを赤裸々に語っていただきます!


第35回 子どもたちを公園でどれくらい遊ばせていますか?

息子としょっちゅう公園へ行っています。近所に行きつけ公園が4、5つほどあって気分やタイミングなどで使い分けています。遠くの公園へ行きたいときには、息子と2人で。遠い公園へ行きたいと言うと、奥さんにはちょっとイヤな顔をされてしまうんです(笑)。だから2人きりで気兼ねなく行きたい公園へ出かけます。僕は、たいていベビーカーで歩いて公園までいきますが、2駅分くらい離れていても平気で歩いて息子とぷらぷら出かけていってますね。

公園ではすべり台が好きです。滑り台って、公園によってプラスチック製のとこと鉄製のとことあって、どちらも一長一短やなといつも思ってしまいます。鉄は、しっかりしているのがいいですが、夏場暑いし、冬場は冷たい。プラスチックは、やわらかめでコケてもまあ、安心ですが、信じられないくらい静電気でバチバチッとなる。息子を滑り台の下で受け止めたときの「バッチーン」っていう静電気は本当にどうにかならんもんでしょうか。

公園でいつも疑問になることがあります。それは尺がわからん、ということ。子どもと公園にきたら、一体どれくらい公園におればいいのか。その時間の長さのちょうどよさがいまだにわかりません。なんとなく、1時間くらいかな?と思って、がんばって1時間は一緒に遊ぶようにしていますが、みなさんはどれくらい公園で子どもたちを遊ばせていますか?

まだ息子が小さかったころ、息子もまだ体力もなく、公園で30,40分も遊んだらぐずりはじめたんです。それで、まあ、もうええかとベビーカーに乗せて、そのままスーパーで買い物をしました。それでトータル2時間くらい。帰り道に同じ公園の前を通ったら、僕がきたときにすでにいた若いお母さんたちがまだ子どもたちを遊ばせていたんです。このときの僕の敗北感といったら!

それ以来、なにがあっても1時間は遊ぶ、と決めて息子と公園通いを続けています。でも、子育てはじめてまあまあたってわかったんですけど、あのお母さんたちは、子どもの遊びにつきあっていたわけじゃないんですよね……。お母さんたち同士でおしゃべりするのが目的で。子どもたちは砂場あたりで勝手に遊んでいて、ポイントポイントで「気をつけて〜」とか声がけしているだけだったりする。からくりわかったら、ちょっとずるいな(笑)と思いますが、僕は「負けた!」とすごく思ったんです。

1

福田充徳

ふくだ・みつのり 1975年京都府生まれ。幼稚園からの幼馴染である徳井義実とお笑いコンビ・チュートリアルを結成。2006年の『M-1グランプリ』で優勝し、大きな話題を集める。現在、「人生が変わる1分間の深イイ話」、「しゃべくり007」(ともに日本テレビ系)などTV、ラジオでレギュラーを持つ。


過去の連載はこちらから
徳井のツイッターで出産を報告した理由
ちゃんと YouTube 観た通りにやって!
息子とお風呂に入って疑問に思うこと
息子の顔が荒れた!!
ノンスタ石田、ロバート山本、千鳥ノブ……。芸人仲間とのパパトーク!
「これが幸せか……」、と歩きながらじーんとすること
妊娠中の妻の変化で驚いたこと
とろサーモン村田の家の前で破水!

過去の連載一覧


こちらも読んで!
チュートリアル福田充徳さんインタビュー! 新米パパは毎日が不安!?
取材・文〇梅原加奈