子育てママのお悩み解決メディア
赤ちゃんがしゃべる時期はいつ?言葉の発達のためにママができること
2020.11.01 by Hanakoママ Hanakoママ

赤ちゃんがしゃべる時期はいつ?言葉の発達のためにママができること

赤ちゃんのお世話をしていると、気になるのはおしゃべりができる時期。とくに、同じくらいの月齢の子がしゃべり始めているのを見ると比較してしまいますよね。

赤ちゃんはいつしゃべってくれるのでしょうか?「ママ」と呼んでくれるのを心待ちにしている方もいるかもしれません。ただし、赤ちゃんの言葉の発達には個人差があるため、しゃべる時期は赤ちゃんによって決まるのです。今、ママができることを考えてみましょう。

赤ちゃんが言葉をしゃべるのはいつから?

いつかはしゃべるようになるとわかっていても、それは一体いつごろなのか気になるママは多いかもしれません。他の子と比べてうちの子は早いのか遅いのか、話し始める時期の目安を確認してみましょう。

平均的には1歳前後から

赤ちゃんがしゃべれるようになる平均の時期は、1歳前後といわれています。ただし調査によると、1歳0ヶ月~1歳1ヶ月の間に話し始めた赤ちゃんは全体の50%という結果があります。(出典:「平成22年乳幼児身体発育調査報告書」厚生労働省

その後、1歳半ごろまでには約90%の赤ちゃんがしゃべり始めるという結果も。赤ちゃんがしゃべり始める時期の目安として、およそ1歳半ごろまでと考えておくとよいでしょう。

しゃべるのが遅くても大丈夫?

同じ時期に生まれた赤ちゃんに比べて、自分の子がしゃべるのが遅いと感じることもあるかもしれません。体格などは同じくらいなのに、言葉だけしゃべれないということもあるでしょう。ただし、赤ちゃんがしゃべらなくても必要以上に心配しなくて大丈夫です。

言葉の発達は個人差が大きい

言葉の発達は個人差が大きく、赤ちゃんによって変わります。また、しゃべるのが遅い場合でも、しゃべり出したら他の子と同じように話せるようになります。

小学校に上がる時期には、あまり差がなくなっているということも。そのため、まずは見守ってあげましょう。

気になる場合は乳児検診で相談してみよう

言葉が遅いのが気になってしまう場合は、乳児検診で相談するとよいでしょう。単語のみも話さなかったり、聞こえにくそうにしていたりなど、もし赤ちゃんの様子で気になる点があれば相談してみてください。

赤ちゃんの言葉の発達のためにできること

赤ちゃんの言葉の発達のためにママにもできることがあります。以下のような方法で積極的に働きかけてみましょう。

たくさん話しかけてあげる

赤ちゃんに話しかける機会を増やしてみてください。赤ちゃんは言葉がはっきりとわからなくても、言葉の音を聞くことで徐々に言葉が理解できるようになります。

例えば「ごはん食べようね」などの短い文章を、ゆっくりとした口調で伝えてあげるとよいでしょう。たくさん話しかけることで言葉の理解を促し、しゃべることにつなげてあげてください。

赤ちゃん同士で遊ばせてみる

赤ちゃん同士で遊ばせることで、おしゃべりが上達する可能性も。これは、他の子どもと関わることで、刺激を受けるからと考えられています。児童館や子育て支援センターに連れて行き、他の赤ちゃんと遊ばせてあげましょう。

しゃべる時期を焦らず待ってあげよう

赤ちゃんがしゃべる時期にはかなり個人差があります。同じくらいの月齢の子どもに比べて言葉が遅いと心配になるかもしれませんが、焦らずに待ってあげましょう。

ママがたくさん話しかけてあげることも大切です。心配なことがあったら、検診で相談してみてくださいね。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →