子育てママのお悩み解決メディア
ジェンダーレスが未来を救う?いま私達が子どもに教えたい大切な事
2020.11.11 by 河西 景翔 河西 景翔

ジェンダーレスが未来を救う?いま私達が子どもに教えたい大切な事

皆さんこんにちは。子育てアドバイザーの河西ケイトです。

今回のテーマはなんと「ジェンダーレス」です。私自身も、育児や保育に男女は関係ないジェンダーレスをテーマに活動していますが、皆さんにとって、「ジェンダーレス」はどのように捉えているでしょうか?

子どもは思春期を過ぎて「性」が確立すると言われています

皆さんはいつから自分の事を「男性」「女性」と意識し初めたでしょうか? 生まれてすぐですか? それとも保育園時代ですか? 小学生ですか?

身体は「男」「女」とわかっていても、心の中では自分がどちらかなんて、未だにわからない人も多くいると思います。また、私達世代の人は「男は黒または青」「女は赤またはピンク」と色で区別された経験を持つ人も多いでしょう。色で区別され初めて自分は「男」「女」だと認識した人も多いかもしれませんね。

では、本当にそれは正しいのでしょうか? 私自身、小さな頃から「絵」を描くことが大好きでした。しかし、幼児になった時に途端に「絵」を描くことが嫌いになりました。それは何故か? そうです「色」を限定されるようになったからです。

小さな頃は、自分の好きな色をクレヨンの箱から出して伸び伸びと描くことができましたが、いつの間にか「カテゴライズ」されるようになり、クレヨンで「赤」や「ピンク」を出せば「女が使う色だ! キモい!」と囃し立てられ、いつの間にか、絵を描くことが苦痛になってしまいました。

でも、本当にこれは正しいことなのでしょうか? もし、あの時自由に色が使える環境にいたら、もっと「絵」の才能が広がっていたかもしれません。

実際に思春期に自分の「性」について悩み苦しみ、「身体が男だから『男らしく』振る舞わなければならない」「女だからスカートを履かなくてはいけない…」と自分の心と脳で葛藤し、病んでしまう子も多くいるようです。

トイレに行くたびにマークを見て苦痛になり、最悪なケースで言えば、命を絶ってしまう子も…。「そんなことで命を絶ったり、病んだりするなんて…」と思う方も多いかもしれませんが、その考え自体が大きな間違いなのかもしれません。

私達は生まれながらに人権を持っています

皆さんは、「人権」という言葉を知っていますか?

これは、読んで字のごとく「人間が生きていくために主張できる権利」のことを指します。「ジェンダーレス」というのは、「男も女も関係ない」「自分らしく生きていく」という意味が込められています。

最近ですと、ドラアッグクィーンの方が図書館で絵本の読み聞かせをしたり、女性同士のカップルが子育てをしている記事を目にすることがあります。これは新しい時代の幕開けの一歩です。

幼児期に、国籍や性別構わず色々な人と関わることで、多様性を学び、多様性を学ぶこと視野が広がり「私はわたしらしく生きて良いんだ!!!」という意識が強くなり「自己肯定感」が高くなると言われています。この自己肯定感は、思春期を生き抜くにはとても必要な力で、「自分を信じる力」が強ければ強いほど、困難な壁があっても乗り越えていくことができます。

また、私達、周りにいる大人が「あなたはあなたらしく生きていきなさい」と全てを受け止めて、肯定的な言葉がけをして接し伝えていくことが大切になってきます。

子どもの興味関心を伸ばせる環境を

近年、ジェンダーへの関心が高まっています。

メンズ用のコスメが多く発売されたり、女性がスポーツ界で大いに活躍している姿もよく見ます。幼児期に興味を示したものが未来へ繋がる、と私は思っています。今も現場に入り保育をしていますが「子どもがしたいことを大いにさせる」をモットーに、「男のくせに」や「女なんだから」という固定観念を捨てる保育を展開しています。

中には「おとこなのに、赤色つかってる!」という子もいますが、そういう子に対しては「なぜ、赤を使っては行けないのか?」「悪いことなのか?」ということを考えさせていくようにしています。この「考える」ということが子どもにとってはとても大切な時間。

思いを受け止めながら、どうしてその子が、「赤=男はダメ」となってしまったのか? を一緒に考え、色は「性別は関係ない」ことを同時に教えるようにもしています。

最近では私が爪を磨きピカピカなのを見て、「ぼくも(わたしも)やってみたい!」という子も男女問わず増えたり、クレヨンの色が均等に減っているのを見て(どの色もまんべんなく使えている証拠)少しずつ環境が変化してきたなぁ…と思う日々です。私の基で育った子どもたちが、「自信」と「勇気」を持って未来へ羽ばたいて行けば、「性別」に悩み苦しむ子がいても「私は理解できるよ。大丈夫!」と誰かの支えや助けになってくれる気がします。「色」「習い事」これらに性別は関係ありません。

大人がそこをしっかりと理解し、子どもたちの興味関心・才能を伸ばし支えていけば、「生きる力」「生き抜く力」を育てることになる事を忘れないでください。

今回は「ジェンダーレス」ということでお話させていただきました。まだまだ、「カテゴライズ」が多い世の中です。確かに、カテゴライズしたほうが簡単です。しかし、本当にそれが「子どものために」良いことなのか? 自分の主観で伝えていないか? を私達が考えていかなければならないと思います。

子どもたちの「未来」や「生きる力」を育てるためにも柔軟な考えで接して行きたいですね。

河西 景翔

河西 景翔子育てアドバイザー

小学生の頃から保育士を目指し、中学から保育園でのボランティア活動を通して、日本音楽学校に入学し、保育士・幼稚園の資格を取得。平成14~26年まで、保育士・幼稚園教諭として現場で働く。現在は、セミナーを開催したり、ウェブマガジン・ブログを通し、子育てに悩むママに向けて、子育てに関する情報を発信。「子育て中のママと、共に悩みながら最良の道を切り開く」を念頭において、日々奮闘中。

河西 景翔さんの記事一覧 →