子育てママのお悩み解決メディア
子供が不登校になったら?親として考えたいこと、できること

子供が不登校になったら?親として考えたいこと、できること

自分の子供が不登校に。そんな現実が訪れたら、どうしようと心配になりますよね。私は、不登校、不登園を繰り返す長男と長女を育てています。子供が不登校になると、それが何度目であっても悩みます。今回は、子供が不登校になった時、親ができることと考え方をご紹介いたします。

子供が不登校になる原因

子供が不登校になる原因は、十人十色。友達のことが原因かも知れないし、授業のこと、先生のこと、その他のことかも知れない。絞っていくと、原因は様々なのですが、共通していることがあります。それは、

学校に行かない>学校に行く

子供がそういう気持ちになったということ。つまり、学校に行くと何か嫌なことがある、辛いことがある、不快なことがあるのです。不登校は家が好きだから、ではなく家にいた方が自分が傷つかなくていい、そうした行動は「自分を守る選択」であるとも言えるのです。

子供が不登校になってしまったら

不登校が子供自身が自分を守るための選択だとしても、親としてはやはり心配で悩みます。子供が不登校になった時の選択肢は2つ。

・子供を説得して登校させる
・子供の不登校を受け入れる

一般的に言われているのは、子供の気持ちに寄り添ってあげましょうということです。しかし、家庭環境によっては仕事や介護など、子供の気持ちに寄り添い、不登校を受け入れてあげることが難しい場合もあります。私はひとり親で、どうしても仕事に行かなければならない状況でした。

物で誤魔化す

幼い子供だとできる可能性がある方法が、子供の好きな物を与えてがんばってもらうという方法です。結局、メリットとデメリットの量です。学校に行くと不快、だから行かない。しかし、学校に行くといいことがある、だから頑張る。高学年には難しいかも知れませんが、幼稚園や保育園、低学年の子供なら効果がある場合もあるはずです。

辛い時は、遅刻して登校させる

学校で一日辛い気持ちでがんばって、帰宅してからも宿題、お手伝い、習い事。そんな毎日では、子供も体も心も疲れが溜まってしまいます。疲労感があると、大人でも会社に行きたくない、と思う気持ちが生まれるのと同じで子供も慢性的な疲労感から学校へ行きたくない、と不登校を起こす場合があります。

私の子供の場合は、月曜日の朝は必ず「行けない」となります。連れて行けば気持ちの切り替えができ、楽しく過ごせそうだなと思えば一緒に登校します。子供が本当に疲れているなという時は「体調が悪いので、3時間目から登校します。」と学校に連絡し、遅刻で登校させます。

学校には1時間だけでも行くことを続けさせる

学校の決まりである登校時間、朝8時20分を過ぎても行けるという選択肢があれば、子供は不登校にならずに通える可能性もあります。行く・行かないだけで考えると、嫌なことがあったり、体調が辛かったりすると子供は「行かない」を選択します。私の子供は体調だけでなく、苦手な授業がある日も朝から憂鬱で泣いて行けない日もあります。そんな時は、「泣くほど辛く感じている」ところだけを受け入れて、その授業を受けないでいい時間に登校させることで、連続する不登校はやめさせることができました。

1日休むと、次の日も登校するのが億劫になる

大人でも、長期休みがあると会社に行きたくない気持ちになる人の方が多いと思います。例え好きなことであっても、辛さを伴うものは自然と避けようとするのが本能です。

だから、不登校も1日、2日であれば再び登校するのも取り戻しやすいですが、それが長期に及ぶと行くことが大変難しくなります。そのためにも、1日休んだら1日行く、3日休んだら1日行くなど、学校に行かないのが当たり前という状況を作らないようにするのも大切だと感じます。

ここまでは、子供が親の説得を受け入れてくれる場合の話です。もうがんばれない…というところまで来てしまった場合には、不登校を受け入れなければなりません。

無理に登校させない

子供が不登校を始めた状況は、子供が何かしら無理をしている、というサインです。だから不登校という選択をしているので、強引に学校に行かせることは子供目線で考えると非常に負荷の大きいものです。

できれば、登校しない現実を認めてあげるのがいいと思います。しかし、長引いたらどうしよう、と不安になりますよね。そんな時私は「この子に合っていない環境に無理矢理行かせ、子供は幸せになるのだろうか」と考えるようにしています。登校させても、いいことはない。そう強く言い聞かせることで、不登校を受けれやすくなるかも知れません。

不登校になっても、ゲームはさせない

不登校なって自宅でゲームをするようになると、学校へ行くことがますます嫌になります。ゲームでは簡単に脳の快楽を得られるため、実際の授業だけでなく人間関係や状況判断も複雑でハードな学校という場がますます苦しく感じるようになってしまうからです。

好きなことを自由にやらせ、ストレス発散やリラックスを促すはとても大事なことですが、ゲームやアプリ以外の手先や頭を使う物で自由を与えてあげる方がいいと思います。

転校させる

これは不登校になった私の子供に取った方法で、どのご家庭でもできる方法でないとは思うのですが、ひとつの案として、親子ともども不登校に息詰まらないために持っておいて欲しい案のひとつです。

子供の不登校は、実際親と子供だけでは解決できない場合があります。子供の不登校の原因は、その学校での何かが原因であることが多いからです。しかし、親は学校にずっといれるわけではありません。そこで子供を助けることも、守ることもできないわけです。そこで必要なのが、環境調整と本人へのサポートができる担任の先生の力です。

担任の先生が子供の不登校を看過する場合、子供の不登校を親の努力だけで対応していくことはとても難しくなります。私は、長男の小学校を転校させました。そして、周囲の温かなサポートを得て、1日2日休むことはありますが不登校という状態は一度も起こっていません。長女も1年半の不登園を起こしていたため転園させたところ、本当に温かな周囲の理解を得られ、きつそうな時はすぐに担任の先生に伝え、早めにお迎えに行くなどできることをしながら、続けて登園できるようになっています。

家庭の生活スタイルの変化

不登校になる、なりそう、そんな子供はほとんどが、きっとひとつを乗り越えたらもう大丈夫! というタイプではないと思います。だから、親としてはそんな子供の個性を理解し、寄り添えるところは寄り添うということを、少しずつ変化させ歩み寄って行ければ良しとしたいものです。

長男の不登園が始まった当時、私は無理に保育園に行かせることばかりでした。そのうち、仕方ない、1週間休ませよう。1ヶ月休ませよう。そしたら、いつかまた行ける日が来る。親としても子供の不登校という現実を受け入れるには時間はかかります。しかし、そうしているうちに一緒にいる時はできるだけ子供のやりたいことに付き合おうとか、ご飯はお弁当を買って済ませようとか、せっかくだから公園まで散歩しようとか、その環境をいかにいい時間にするかの知恵も生まれてきます。私の場合はですが、ひとり親で頼れる人が近くにいないため、家でできる仕事の比率を増やして行く結果となりました。

不登校の子供を受け止める母親

不登校を重く受け止めないで

不登校には、最初親が戸惑い、ほかの子供との比較もしてしまうと思います。しかし、子供は行きたくないという気持ちが強くなれば、風邪を引いたり熱を出したり、何かしらのサインも出ているはずです。早めに気づいてあげて、ゆったり休ませてあげたり、好きなことをたくさんできる時間を取ったり早めのケアができれば最高です。

そして何より、不登校になったからと言って人生が終わるわけでも、未来が消えるわけでもありません。不安はありますが、子供の幸せを長期視点で考えられるといいですね。

いろは

いろはライター・エディター

ASD、ADHD、LDの9歳男児、6歳女児と3人で暮らす。早稲田大学在学中に週刊誌の編集アシスタントを経験したことをきっかけに、今に至る。

いろはさんの記事一覧 →