子育てママのお悩み解決メディア
英語の勉強法を身に着けよう!受験も英会話も「中学英語」にカギがある

英語の勉強法を身に着けよう!受験も英会話も「中学英語」にカギがある

英語の勉強法に困っている、どこから手を付けてよいのかわからない、と悩む子供が少なくないようですね。

英語は高校入試でも大学入試でも多くの学校で必須ですし、社会人になってからもTOEICや英検の点数が重視される教科なので、親としてはしっかりと身に着けさせたいところです。

この記事では、英語の勉強方法や勉強するときのコツなどについて紹介していきます。

英語の勉強は積み重ね!カギは中学英語

英語の勉強方法がわからない、英語は難しい、と苦手意識を持っているのなら、中学生で習うこと、特に中学1年生の始めに習うことをきちんとマスターしないままになっている可能性があります。

英語は数学と同じように積み重ねが必要な教科なので、基礎をきちんと理解していないと前に進むことが出来ないのです。

例えば中学3年生で「受け身(受動態)」を習いますが、これも中学1年生の1学期に習うことの応用です。

このように、英語は段階を踏んでいく教科ですから、苦手だと感じたときは一旦最初に戻って中学英語の基礎をきっちりと固め直す勉強法を意識するとよいでしょう。

これは高校生になっても、また大学受験時や、社会人になってからの独学時にも言えることです。

受験にも役に立つ!英語をモノにする勉強法

さて、英語は積み重ねが大切な教科だとお話ししましたが、そのほかにも勉強法にはコツがあります。ここではそのコツについて見てきましょう。

単語ではなく文章で覚える

日本語で「ハシ」と見ても橋、箸、端のどれかわからないように、英語も単語を覚えるだけではほとんど役に立ちません。

ですので、単語を覚えるときは使われる状況や意味をイメージしやすいように、文章で覚えましょう。理解がぐっと深まります。

音読して暗記する

教科書を何度も音読して暗記しましょう。付属のCDが販売されていることもありますので、それを利用するのもよい方法です。

そうすることで単語の並びや文法が自然に頭に残ります。単語を入れ替えれば別の文章も作れるので、英作文のときにもそのまま使えて便利ですよ。

こんなときの英語の勉強法は?

今度は、ケース別の勉強法を見ていきましょう。こんなケースではどのように勉強すればよいのでしょうか?

英語が嫌い、わからない

子供が英語は嫌い・わからないというときは「何ができないのか」を掴むことが大切です。

そもそも単語が読めないのか、どの文法でつまずいているのかなど、わからなくなっている箇所を確かめたあと、そこまで戻って少しずつやり直しましょう。

英語の試験の成績を上げたい

教科書などの学校教材の中で試験範囲を把握し、その内容を何度も繰り返して復習しましょう。その単元を完全に理解することが重要です。

教材が足りないと思ったときは、インターネットで公開されている問題を探したり、市販の問題集を購入したりするのもよいですね。

英語の成績が下がった

be動詞、完了形、不定詞など、試験で間違った場所、授業でわからなかった場所がどこなのかを把握することが大切です。

同じ問題にもう一度挑戦する、わからない部分は理解できるまで学校や塾で質問する、などしながら同じミスを繰り返さないようにしていきましょう。

英語は基礎固めが大切な教科

数学で一次関数がわからないと二次関数には進めないように、英語もわからない箇所をそのままにして前に進むことはできません。次の段階に行くには各単元をしっかりと理解することが、非常に大切なカギとなります。

英語を苦手だと感じている子供はどこかの階段を踏み外している可能性が大きいので、基礎を徹底しながら、ひとつずつステップアップしていくことができるようにサポートしてあげるとよいでしょう。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →