子育てママのお悩み解決メディア
子供の集中力を高めるトレーニングとは?集中力が続くポイントも紹介

子供の集中力を高めるトレーニングとは?集中力が続くポイントも紹介

子供がなかなか勉強に集中できず困っているという方いませんか?集中力は、トレーニングをすることで高めることができます。

今回はトレーニング内容、そして集中しやすい環境、集中力が続くポイントなどについて解説するので、参考にしてください。

子供のやる気を引き出すには

子供のやる気は、環境に大きく左右されます。まずは、勉強に集中できる環境を作ることから始めましょう。

集中しやすい環境づくり

勉強する机のまわりに物が散らかっていると、気が散ってしまいます。机に向かう前に、必要なものだけを出しておき、あとは綺麗に片付ける習慣をつけてください。もし子供用のスマホを持たせている場合、勉強中は電源を切って見えないところに置いておきましょう。

気持ちの切り替えスイッチをつくる

子供にやる気を出させるには、気持ちの切り替えスイッチが必要です。

例えば、算数が好きだったら、計算ドリル1ページを勉強はじめの習慣にしてみてください。このとき、単純な問題を選ぶのがポイントです。

好きなことなので取り組みやすく、自ずと気持ちが切り替えられるようになるでしょう。

子供の集中力を高めるトレーニング

子供の集中力を高めるトレーニングには、子供が楽しく取り組めるものを選んでください。1つめは折り紙です。きれいに正しく折ることを意識しながら指先を使うので、集中力が高まりやすいでしょう。

2つめは、ジグソーパズルです。集中力を高めるだけでなく脳を活性化する効果もあるので、おすすめ。子供の年齢やレベルに合ったもの、子供の好きなキャラクターやデザインのものなどを選ぶと、お子さんも楽しみながら集中できるはず。

3つめは、オセロや将棋などのボードゲームです。数種類のボードゲームを家に用意しておき、平日は母親と2人で、休日は家族みんなで遊ぶのはいかがでしょうか。

また、習い事もトレーニングに効果的で、そろばんや楽器、水泳などもおすすめです。ただし、無理やりやらせるのでなく、子供が自主的にやりたいという習い事にしましょう。

集中力が続くポイント

集中力を続かせるには、いくつかのポイントがあります。これらのポイントを意識することを心がけてみてください。

達成しやすい目標を設定する

目標を設定するときは、親が設定するのでなく、子供に考えさせましょう。自主的に目標を決めることで、頑張ろうという意欲もでてきます。

最初は目標の勉強時間を短くして、達成しやすくするのがポイント。徐々に勉強時間を長くしていき、集中力を伸ばすようにします。

休憩タイムも忘れずに

集中力を続かせるには、休憩をはさむことも大切です。といっても、あまり休憩しすぎるとだらけてしまうので、5分~10分くらいの休憩にしましょう。この休憩タイムに、簡単な運動をするのもおすすめです。家のまわりを散歩してくるのもよいかもしれません。

できたことをほめる

決めた時間集中して取り組めたときは、「集中できたね」「頑張れたね」という声かけを忘れないようにしたいもの。ほめることで、子供は「頑張れば集中できる」と自信を持てるようになります。そして、次回はより高い目標に挑戦できる子供も多いはず。

子供が自主的に勉強に取り組める環境にしよう

子供の集中力を高めるには、子供が自主的に勉強に取り組める環境づくりから始めましょう。「毎回目標をきちんと決めさせて、達成できたらほめる」ということを繰り返すことで、子供も自信がついて集中力が高まるはず。

子供のやる気を引き出せる環境かどうか、まずは見直してみてください。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →