子育てママのお悩み解決メディア
河西流!子どもが意地悪をした時に教えたい大切なこと。

河西流!子どもが意地悪をした時に教えたい大切なこと。

こんにちは。子育てアドバイザーの河西ケイトです。

今回は「子どもが友達に対して意地悪をしてしまう」というテーマでお話したいと思います。子どもは何故、意地悪をしてしまうのか? その背景には何があるのかも知ることが解決の鍵になるかもしれません。

子どもは時期によって「意地悪」の感情が異なる?

皆さんは、自分のお子さんが友達に対して意地悪をしてしまったシーンでどのように対処しますか? 「意地悪してはだめ!」だけで済ましていないでしょうか?

実はこの意地悪は年齢によっても意味合いが異なります。

例えば、乳児と言われる0・1・2歳の子が友達に対して「意地悪をする」という表現は私は存在しないと思っています。この時期の子どもたちは、自分という存在を知ることを中心に生活しています。

「友達を困らせたいから意地悪をする」ということは子どもの考えの中にはありません。友達が使っている物を欲しくなって奪ったり、自分の使っているおもちゃを貸せないというのは、意地悪ではなくて、自分の欲求を満たすためにしていることなのです。欲求を満たせば、人のものを奪ったり、自分のものを貸せないということはなくなってきます。

では、反対に幼児と言われる3・4・5歳はどうでしょうか? 3歳を過ぎると、子どもは自分という存在を知り、続いて自分と他人という存在を知ります。他人を知るということで、「比較」や「劣等感」が生まれ、これが「意地悪」という行動を起こすことにもなります。

子どもの意地悪にどう向き合うか?

では、意地悪をしてしまう子どもにどのように向き合えばよいのでしょうか? 先述したように0・1・2歳児の「意地悪的」な行動は、とにかく欲求が満たせるまで遊ばせることです。

欲求が満たされれば自然と子どもは自分から貸せるようになります。と言ってもおもちゃで好きなだけ遊ばせるではなく、親子でスキンシップを図ることでも子どもの心の欲求は満たされます。愛着を育むだけでも欲求を満たせることを覚えておいてくださいね。

幼児クラスの子どもの意地悪な行動に関しては、これもまずは子どもの気持ちを受け止めることが大切です。子どもの気持ちを受け止めずに叱るだけだとかえって子どもはふさぎ込んでしまい逆効果になります。子どもがどうしてそのような行動を起こしてしまったのかを聞き出し、受け止めてから子どもが自身の行動を振り替えれるような対応をしていくことが大切です。

また、劣等感や他者との比較により意地悪な行動を起こしてしまう子もいます。そういった場合は、比較をする必要はないということと、親にとって一番大切な存在であることを常日頃から伝え、自己肯定感を高められるような対応をしていってください。

自己肯定感が高まれば、他者との比較をせず「自分らしく生きていていい」と思えるようにもなります。幼児期こそ自己肯定感と多様性を高められるようにしてくださいね。

では、反対に意地悪をされて傷ついた子どもへの対応は?

実際に意地悪をされて傷ついてしまった子どもへはどのような対応が必要なのでしょうか?

そこにも重要な役割なのはやはり、親からの言葉がけです。お子さんが辛かった思いを受け止めて、たくさんスキンシップを取って心を安定させることからまずは始めましょう。

次に、「自信」をもたせることです。意地悪をする相手は、意地悪をされてしまう子どもがどのような反応をするのか? を見たいから行うことが多いです。

ですから、されてしまう側に「受け流すスキル」を学ばせて、反応しない、ひたすら受け流す、そして「自分は自分でいい」と伝えこちらも自己肯定感が高められるような言葉がけをしていくと、芯の強い子どもに育ちます。

よく「やられたらやり返せ!」という言葉がけをしている人を見ますが、それは自分自身ができることであって、子どもはやり返す術を知りません。そうではなくて「人は人、自分は自分」として付き合うことの大切さを伝えるようにしてくださいね。

今回は子どもの「意地悪」についてお話をさせていただきました。

する方もされる方も大切なのは「自己肯定感」を高めることです。是非参考にしてみてくださいね。

河西 景翔

河西 景翔子育てアドバイザー

小学生の頃から保育士を目指し、中学から保育園でのボランティア活動を通して、日本音楽学校に入学し、保育士・幼稚園の資格を取得。平成14~26年まで、保育士・幼稚園教諭として現場で働く。現在は、セミナーを開催したり、ウェブマガジン・ブログを通し、子育てに悩むママに向けて、子育てに関する情報を発信。「子育て中のママと、共に悩みながら最良の道を切り開く」を念頭において、日々奮闘中。

河西 景翔さんの記事一覧 →