子育てママのお悩み解決メディア
小学生の必修科目「プログラミング教育」とは?目的やメリットを解説

小学生の必修科目「プログラミング教育」とは?目的やメリットを解説

2020年から小学生の必修科目となったプログラミング教育。「実際に何をするの?」「小学生からプログラミングは必要なの?」と疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。

子どもの学習をサポートするためにも、内容はきちんと把握しておきたいもの。今回はプログラミング教育の目的やメリットについて解説します。

プログラミング教育の内容と目的とは?

プログラミング教育は、子どもたちの「プログラミング的思考」を育成するための教育です。

プログラミング的思考とは、コンピュータを動かすための作業とその組み合わせを、理論的に考えられる力のこと。コンピュータを主体的に動かす体験をとおし、思考力や判断力を養うことを目的としています。

今やスマートフォンやゲームをはじめ、家電や自動車といったさまざまなものにコンピュータが内蔵される時代。「コンピュータは魔法はなく、自分の考えで動かすもの」というプログラミング的思考は、これからの時代を生きる子どもたちの将来性を広げると考えられています。

小学生からプログラミングを学ぶメリット

現代の子どもたちにとって、コンピュータはとても身近な存在。そのため、小学生のプログラミング教育には、以下のようなメリットが期待されています。

思考力や問題解決能力が身につく

プログラミングは、一度でうまくいくものではありません。目的通りにコンピュータを動かすためには、修正や実行を繰り返すことが必要です。そのため、必要な仕組みをとらえる思考力や問題解決能力が身につくと考えられます。

想像力や表現力が育くまれる

プログラミング教育は、頭のなかのイメージを形にする力を学ぶ教育。プログラミングによってイメージが実現する喜びは、子どもの想像力や表現力をおおいに育んでくれるでしょう。

コンピュータスキルが向上する

プログラミング学習では、パソコンやタブレットに触れる機会が多々あります。子どもたちはコンピュータの仕組みを学ぶと同時に、基本的操作に自然と慣れ親しんでいくことができます。

将来性が広がる

プログラミング教育が役立つのは、IT技術にかかわる分野だけではありません。プログラミング教育で育つ思考力や問題解決能力は、社会におけるさまざまな場面で役立ちます。

現代はプログラミングスキルをもとに、若者が起業や特許取得を目指す時代。プログラミング教育はそのきっかけとなり、子どもの将来性を大きく広げることが期待されています。

プログラミング学習をサポートするポイント

新しくはじまった「プログラミング教育」。家庭でもできることがあれば、上手にサポートしてあげたいですよね。

プログラミング学習は、あくまでも子どもが主体となって考えることが大切。「コンピュータをどう動かしたいのか」「そのためにはプログラムをどう組み合わせるのか」と子ども自身が考えることが、プログラミング的思考の育成に役立ちます。

「コンピュータは苦手…」という方は、まずは子どもと一緒に楽しみながら取り組んでみましょう。「お母さんが興味を持ってくれている」という喜びが、子どもの学習意欲を引き出してくれますよ。

楽しさを知ることがプログラミングの第一歩

自分の設定したプログラムによって、画面のなかのキャラクターが移動したり、ロボットが動いたり…。プログラミング教育は子どもに大きな喜びと発見を与えてくれます。

その「楽しい気持ち」こそが、プログラミング教育の第一歩。保護者もプログラミングへの理解を深めながら、子どもの学習をサポートしていきましょう。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →