子育てママのお悩み解決メディア
ネットの世界は危険だらけ!子供のネットリテラシーを高めよう。その教育方法とは?

ネットの世界は危険だらけ!子供のネットリテラシーを高めよう。その教育方法とは?

今や、子供からお年寄りまで利用するインターネット。情報を集めたり、人とつながることができるので便利な反面、日常生活では起きないようなトラブルに巻き込まれることも。そんな中、注目を集めているのがネットリテラシーという言葉。ネットを正しく安全に使うために必要なものですが、その意味をご存知ですか?

これから大人になる子供たちに欠かせないネットリテラシー。この記事では、その概念や、教育の仕方について解説します。

ネットリテラシーとは?

ネットリテラシーは、 “インターネットリテラシー”を略した言葉です。インターネット上に無数にある情報を使いこなす能力や、モラルの高さを示す意味があります。これと同じような意味を持つ言葉に、メディアリテラシー(ニュースの情報を取捨選択、理解、活用する力)があります。

皆さんもご存知の通り、インターネット上の情報は、すべてが正しいというわけではありません。フェイクもありますし、子供にとって有害な情報も溢れています。

そんな情報が存在することを知らないままインターネットを使うようになると、いろいろな危険に巻き込まれるかもしれません。

このフェイク、見抜けますか?メディアリテラシー教育【気になる!教育ニュース】|Hanakoママ

ネットリテラシーが低いと考えられる危険

もし、ネットの情報に警戒心を抱かず接してしまうと、情報を鵜呑みにして嘘の知識を得てしまう、自分の写真や住所などの個人情報を晒してしまう、他人の情報を無断で使ってしまう、開発元がわからないファイルをダウンロードしてしまうなどの危険が考えられます。

まだ社会経験がない子供たちが、フェイクを見抜けなかったり、危険を感じ取れないのは当然のことです。スマホやパソコンを使ってネットにアクセスを始めるときには、ネットの世界で起こる危険やトラブルの事例などを知り、ネットリテラシーを高めておく必要があります。

子供のネットリテラシーを高める教育

子供のネットリテラシーを高めるには、ママやパパ、学校の先生などの協力が必要です。大人であってもリテラシーについて考えたことがないという人も多いので、子供と一緒に学び、高め合うのもいいですね。

1. ネットを使うときのルールを決める

1日2時間だけ使用可能、使用場所は部屋ではなくリビング、夜は9時以降wifiを切る、親が閲覧履歴をチェックしていいなど、スマホやパソコンでネットを使うときのルールを決めましょう。ネットの時間や見ていいページ、情報を親がコントロールできれば、それだけ危険にさらされるリスクを回避できます。

2. トラブルの事例を共有する

ネットにまつわる事件やトラブルを、子供に共有してみましょう。フェイクニュースの事例や詐欺事件などを引き合いに出し、どうしてこれが起こったのか、ネットは使い方次第でとても危険であるということを教えてあげてください。

3. 実際に使い、リサーチ力を高める

ネットの世界は危険だからといって、ネット自体を子供から遠ざけるのは意味がありません。逆に、正しい知識を持つために、実際に使い、調べる力をつけるほうがいいでしょう。親や学校の先生と一緒に、ニュースやサイトの運営元が信用できるかなど、正しい情報を見極める練習をしてみてください。

4. パソコン教室・プログラミング教室に通わせる

親自身が詳しくないと、おうちや学校で教育するのにも限界が。そんな場合は、パソコンやネットの使い方を教えてくれるスクールに通うのもおすすめです。ITにまつわる知識やマナーを専門家が教えてくれますよ。

ネットの世界は誰にでも危険がある

インターネットのトラブルや危険は、子供であっても、大人であっても巻き込まれる恐れがあります。子供にネットでの振る舞いや使い方を教えるついでに、親である自分たちのリテラシーも見直し、深めていけるといいですね。

きく

きくライター

美、食、住に貪欲な、20代から40代の女性向けメディアで活動中の執筆屋。ここ数年は海外を転々。占いによると、2026年まで終いの住処を探して世界をさ迷う運命。どこにたどり着くのか、とても楽しみにしています。

きくさんの記事一覧 →