子育てママのお悩み解決メディア
学習障害が算数に見られる場合とは?特徴と勉強の仕方を紹介します

学習障害が算数に見られる場合とは?特徴と勉強の仕方を紹介します

読み書きに見られる発達障害を「学習障害」と言います。また、計算能力に障害が表れることがあり、算数が不得意なケースも少なくありません。そこで、算数の学習障害の特徴と、どのように学習すれば学びやすいのかについて解説します。学齢期に合わせた学び方も説明しますので、必要に応じてサポートしていきましょう。

学習障害には算数を苦手とするタイプがある

学習障害としては、読み書きが苦手なケースが知られていますが、計算が苦手などの算数領域を不得意とするケースもあります。計算のルールを覚えられない場合や、図形や空間を不得意とする場合もあり、学年相当の学習を行うことが難しく、特別なサポートが必要となることもあるでしょう。

読み書きが苦手で算数が不得意になる場合も

算数において学習障害があるわけではなくても、読み書きが苦手なために算数が苦手になるケースも珍しくありません。例えば計算だけなら問題なく解けても、文章題となると何を問われているのかが分からず、答えを埋めることができない子供もいます。

算数の学習障害に見られる特徴と学習の仕方

算数にもさまざまな分野があるように、算数における学習障害もさまざまな状態があります。年齢によってどのような特徴が見られるのか、また、サポートの方法について見ていきましょう。

【幼児期】数字に興味がない

算数分野の学習障害を持つ幼児は、数字に興味を持たないことがあります。また、数の概念を持たず単に「いっぱいある」と認識することもあるでしょう。

しかし数に興味を持たない幼児も、一度覚えるとスムーズに数えられることがあります。まずは、親が数や数字に興味を持つように「数えてみようか」「どっちがどのくらい多い?」とこまめに声がけするようにしましょう。

【小学生】計算できない、時計が苦手

小学生になると計算を学ぶようになりますが、算数の学習障害を持つ子供は計算のルールが覚えられないケースがあります。また、ルールを覚えても桁をそろえて書けないのでいつも答えが間違ってしまうというケースもあるでしょう。

計算力は繰り返すことで習得しますが、学習障害を持つ子供にとっては苦手な計算を繰り返すことが苦痛になりかねません。タブレット等を使うなど、子供が楽しめる要素を取り込んで、繰り返し学習をしていきましょう。

【中高生】文章題、図形の問題が苦手

中高生になると抽象的な概念が出てくるため、より一層数学を苦手に感じるようになることがあります。また、読字障害などの問題を抱える場合なら、文章題もより一層苦手に感じるようになるでしょう。

文章を絵で表現することで分かりやすくなることがあるので、文章に記載されていることを絵で表現するように励ますことができます。また、図形もできるだけ正確に描き、答えを推察できる状態にすることで正解が導き出しやすくなるでしょう。

ドリルやプリントを使った学習も試そう

学習障害も色々あるので一概には言えませんが、ドリルやプリントを使った反復学習でパターンを覚えて苦手意識を減らすことができるケースもあります。

数の概念がつかみづらい子供も、「2+3=5」という風に計算式を丸ごと覚えることで学校の学習についていきやすくなるでしょう。

大人になってから診断されることもある

成人後に学習障害だと診断される方もいます。「なぜ自分が」と落ち込むこともありますが、学習障害は決して珍しい病気ではないということも覚えておきましょう。

例えばアルファベット語圏では読み書きの学習障害は3~12%も見られているという報告もあります。特別な病気だと思うのではなく、自分に合う方法で学び続けていきましょう。

監修者:林泉
経歴:
東京大学医学部保健学科卒業
東京大学大学院医学系研究科修士課程修了
ソウル大学看護学部精神看護学博士課程修了、看護学博士号取得

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →