子育てママのお悩み解決メディア
小学生の学習障害の特徴は?教科ごとのチェックポイントと対処法

小学生の学習障害の特徴は?教科ごとのチェックポイントと対処法

子どもが小学校に就学すると、「学習障害」という言葉を耳にすることもあるのではないでしょうか。「もしかしてうちの子は学習障害?」と思っても、判断するのは難しいですよね。

こちらでは、教科ごとのチェックポイントや対処法とともに、学習障害の特徴を紹介します。

学習障害の3つの特徴

学習障害は、「読み書き」や「計算」といった能力に困難をきたす障がいです。LDとも呼ばれ、知的発達の遅れはありません。また、困難とされる特性によって以下の3つに分類されます。

1.読むのが苦手「ディスレクシア」

「読字障害」とも呼ばれ、字を読むことが困難な障がいです。文字に興味を持たなかったり、本を読んでいると疲れてしまったりといった特性が現れます。

2.書くのが苦手「ディスグラフィア」

「字を読めるけれど書くのが苦手」といった場合はディスグラフィアにあたる可能性があります。マス目から字が大きくはみ出したり、鏡文字になったりといった特性が見られます。

3.算数が苦手「ディスカリキュリア」

数の概念を捉えることのできない障がいです。「1、2、3…」と数えたり書いたりできるものの、その場にない物と数を結びつけるのが困難という特徴があります。

小学生の学習障害はここをチェック

知的発達に遅れのない学習障害は、小学校に入学して学習が始まってから判明するケースも多々あります。ここからは、国語と算数それぞれに現れる特性と、対処法についてチェックしていきましょう。

チェック1.国語

・文字の書き取りが苦手
・声を出さず黙って読むことができない
・誤字脱字が多い
・「め」と「ぬ」のように形状が似ている字を間違える

文章を読むのが苦手な場合には、文節ごとにマークを入れたり、絵本を読んだりしながら文字と音の一致を意識していきます。漢字が理解できないときには、マス目の大きなノートを用意し、へんやつくりのパーツごとになぞり書きをするところから始めてみましょう。

チェック2.算数

・九九の暗記はできるが、計算には使えない
・文章問題は読めるが、状況をイメージできず計算できない
・証明や図形といった形をイメージする問題が苦手
・足し算、引き算に指を使う
・繰り上がりや繰り下がりの計算が苦手

数の概念は、身近なものに置き換えて理解していきます。「チョコを2つと3つに分ける」「レシートの20円は10円玉が2つ」というように、実生活に結び付けるところから始めてみましょう。

「もしかして学習障害?」と思ったら

学習障害を専門とする医療機関や、各都道府県の発達障害者支援センターでは、学習障害の相談や検査が可能です。小学校の先生やスクールカウンセラーを通し、専門機関を紹介してもらうのもよいでしょう。自己判断をせず専門的な診断を受けることが、学習環境を整えることへとつながります。

一人ひとりに合った勉強法を見つけよう

学習障害は、それぞれに苦手とすることや学習のペースが異なります。そのため、適切にサポートするためには、一人ひとりに合った勉強法を見つけることが大切です。「子どもが学習障害かも?」と感じたら、一人で抱え込まずに専門機関へ相談し、子どもに合った勉強法を検討していきましょう。

監修者:林泉
経歴:
東京大学医学部保健学科卒業
東京大学大学院医学系研究科修士課程修了
ソウル大学看護学部精神看護学博士課程修了、看護学博士号取得

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →