子育てママのお悩み解決メディア
子供のしつけはいつから?必要なタイミングや親が注意すべきこと

子供のしつけはいつから?必要なタイミングや親が注意すべきこと

子供のしつけはいつから?必要性は?

子供の性格や成長スピードには個人差があるので、何歳からという明確な答えはありません。しかし、しつけを始めるタイミングとしては、親の言葉を理解し始めた頃だといわれています。

子供にしつけが必要な理由は、将来的に親と過ごす時間より外で過ごす時間のほうが長くなるからです。そのときに備えて生活習慣や社会のルールを身につけて自分のことは自分でできるように子供をしつけることが必要になります。

子供のしつけが必要なタイミング

いずれ外に出る子供に対してしつけをするのはとても大事になります。ただ、どんなときにしつけが必要か分からない人も多いはず。そこで、子供のしつけが必要なタイミングを見ていきましょう。

ご飯を食べるとき

まずは、ご飯を食べるときの食事のマナーです。子供は好奇心旺盛なので、ご飯を食べながら遊び始める子もいます。

そんなときは、「きちんと座る」「遊ぶ前に食べる」など食事に関する基本的な食事のマナーを教えてあげましょう。

友達に暴力を振るったとき

幼稚園や保育園に行き始めると、友達と関わることも増えます。時には、暴力を振るったり暴言を吐いたりして友達を傷つけることもあるでしょう。

そんなときは、なぜ友達を傷つけてはいけないのか子供をしつける必要があります。

子供に危険が及ぶ行動をとったとき

家の中で走り回ったりいきなり道路に飛び出したりなど、命に関わる危険な行動を取ったときは子供に注意することが必要です。

危険な行為を親が見過ごしてしまうと、周囲に迷惑をかけるような事態が起こる可能性もあります。

子供を叱るときに注意すべきこと

社会に出たときに子供自身が困らないようにちゃんとしつけることが大事です。ただ子供を叩いたり人格を否定したりするような叱り方はあまりおすすめできません。

信頼する親にそのような叱り方をされると、心に深い傷が残ってしまいます。子供があまりに言うことを聞かないとイライラして感情的になる親も多いですが、ここは冷静な対応が求められるときです。

感情的になりそうなときは一度深呼吸して冷静さを取り戻しましょう。

叱るときは子供の気持ちに寄り添おう!

子供が何か問題行動を起こすときは、必ず原因があるはずです。頭ごなしに叱るのではなく、まずは子供の気持ちを聞いてあげましょう。

その気持ちを聞いたうえで、なぜ叱られるのか具体的に説明してあげることが大切です。叱られた本質的なことを理解できれば、子供も行動や態度を改めてくれるでしょう。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →