子育てママのお悩み解決メディア
3歳になると叱ることが多い?親が注意すべき子供の叱り方を解説

3歳になると叱ることが多い?親が注意すべき子供の叱り方を解説

3歳になると自我が芽生え始めるので、親の言うことを聞かない場面も多くなります。そんな時は感情的に叱ってしまうこともあるのではないでしょうか。

そこで今回は、3歳の子供を叱るときに注意すべきことを紹介します。

3歳児の特徴

それでは、3歳児の特徴から確認してみましょう。

親の思い通りにならないことが多い

イヤイヤ期の「魔の2歳」になると、徐々に自分の意見を主張するようになります。今まで子供は出された洋服を着て出された食べ物を食べていたのに、親の思い通りにならないことが少しずつ増え始めるのです。

そんな子供の行動の変化に壁にぶち当たり、思い悩む親も少なくありません。

2歳に比べると言葉が豊富になる

3歳になると話せる言葉の数も多くなります。自分の主張もちゃんと伝えられるので、親の言うことにいちいち反抗することも。「口が達者になってきたな」と感じるのがこの時期になります。

また、周囲の影響によって男の子は言葉遣いが乱暴になることもあるため、親自身も言葉遣いに注意する必要がでてきます。

3歳の子供に叱るときに注意すべきこと

自我が芽生え口も達者になり始める3歳。そんな子供に対して、どう対応すればいいのか分からない人も多いのではないでしょうか。そこで3歳の子供に叱る際に注意したいことを紹介します。

暴力で子供を押さえつけない

しつけの一環として叩くなどの暴力に訴える家庭も少なくありません。子供は大人に叩かれることで、その瞬間は親の言うことを聞くようになるでしょう。

ただその瞬間は、子供は親に叩かれることに恐怖を覚え、親の言う通りにしているだけです。親に叱られた理由が分からないので、また同じことを繰り返す子も多くいます。

叱るときは短時間で終わらせる

子供を叱るとき、長々叱り続けるのはあまりよくありません。子供の集中力はそこまで長く持たないので、途中からなぜ叱られているのか分からなくなってくる子もいます。叱るときはできる限り短時間で終わらせることが大切なのです。

感情的に子供を叱らない

親が感情的に叱る姿は、子供にはすごく恐く映ります。その結果、恐怖が先行して真剣に叱っても子供には叱られている理由が伝わりづらくなるのです。ただ子育て中は、イライラして感情的になってしまうこともあるでしょう。そんなときは、一度深呼吸して冷静さを取り戻すことが大切です。

子供が何かしたときはすぐに叱る

子供を叱るときは、時間を置かずにその場で叱るようにしましょう。ただし、友達や大勢がいる人の前で叱ると子供を傷つけてしまうおそれがあります。この場合は、人がいない場所に一旦移動してから叱ることが望ましいでしょう。

子供を叱った後の対応が最も重要!

3歳になると自己主張も強くなるので叱る場面も多くなります。ただ子育てや育児に追われて感情的に叱ってしまうこともあるはず。

そんなときは、気持ちを切り替えて優しく子供に接しましょう。親が気持ちを切り替えると、子供もうまく切り替えられるようになります。叱られたことも引きづらなくなるので親子関係も良好になるでしょう!

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →