子育てママのお悩み解決メディア
2歳の子どもへのしつけが厳しい?叱るときの注意点を知りたい

2歳の子どもへのしつけが厳しい?叱るときの注意点を知りたい

イヤイヤ期に突入する2歳児。自我が芽生える時期になるので、言うことを聞かない場面も増えてくる頃です。

子育ての忙しさも相まって厳しく叱ってしまう人も多いでしょう。そこで今回は、2歳の子どもを叱るときの注意点を紹介します。

2歳の子を持つ親の悩み

2歳の子どもを持つ親の悩みで多いのが、イヤイヤ期で自己主張が激しくなることです。何を言っても言うことを聞かない子どもに、イライラして感情的に叱る親も少なくありません。

頭では感情的に叱ってはダメなことは分かっていても、ついつい大声で怒鳴ってしまうこともあるようです。

2歳の子どもを叱るときの注意点

イヤイヤ期に突入する2歳の子どもを叱るとき、どんなことに注意すればいいのでしょうか。

感情的に大きな声で怒鳴る

子育てや家事に追われる母親は、気持ちに余裕がないことも多いです。そのため子どもが言うことを聞かないと、ついつい感情的に怒鳴ってしまう人も少なくありません。

ただ、親が怒る恐怖でその場は言うことを聞きますが、叱られている理由がわからないので同じことを繰り返すことも。

言うことを聞かない子どもを叩く

子どもが言うことを聞かないと感情的になり、つい叩いて叱る親もいます。大声で怒鳴ることと同じく、その場では萎縮して親の言うことを聞くでしょう。

ただ子どもは親に叩かれた記憶だけが残り、叱られた本質的な意味は理解できないままになります。

「反省しなさい」と家の外に出す

あまりに子どもが言うことを聞かないと、反省を促すために家から閉め出すこともあるでしょう。

しかし、子どもは泣き叫ぶのに精一杯で、自分が行ったことに反省するところではありません。その結果、子どもは叱られた意味を理解することができなくなります。

2歳の子どもを叱るときのポイント

ここからは、2歳の子どもを叱るときのポイントを紹介します。意識して取り入れてみましょう。

子どもを頭ごなしに叱らない

叱るときは、子どもの気持ちを無視して頭ごなしに叱るのはやめましょう。頭ごなしに叱られると、子どもは「自分の気持ちを分かってくれない」と悲観的な気持ちになります。

その結果、反抗的な態度になることも。まずは、子どもの気持ちを聞いて受け入れてあげましょう。その上で、叱る理由を冷静に伝えてあげるのが大切です。

「怒る」「叱る」の違いを理解する

「叱る」は、間違った行動や態度を正しく指導することです。一方、「怒る」は感情的に怒りを相手にぶつける状態を指します。

この2つの意味は大きく異なるので違いを理解することが大切です。そして、子どもを叱るときに「怒る」にならないように注意する必要があります。

感情的になりそうな時は深呼吸しよう!

2歳になると自分の意見を言い始めるので、「ああ言えばこう言う」状態になることも少なくありません。自分の思い通りにならないことに苛立ち、感情的に子どもを叱ることもあるでしょう。

ただ、それは相手に感情をぶつけている状態なので叱られた意味を子どもは理解できません。もし感情的になりそうなときは深く深呼吸しましょう。気持ちが少し落ち着いて冷静になれるはずです!

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →