子育てママのお悩み解決メディア
子供の好き嫌いにどう対応する?嫌いをなくす具体的なアイデアも紹介

子供の好き嫌いにどう対応する?嫌いをなくす具体的なアイデアも紹介

子供の好き嫌いが多いときは、どう対応すれば良いでしょうか。子供が食事を楽しむためにも、好き嫌いが多すぎるときは克服していきたいものです。具体的なアイデアを3つ紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

子供の好き嫌いはいつから始まる?対応は?

離乳食をなかなか食べないというお子さんも少なくありません。子供の好き嫌いはいつから始まるのでしょうか。また、子供に好き嫌いが見られたときの対応法についても見ていきましょう。

3歳ごろになると好みが出てくる

0~2歳の子供は苦いものを危険だと認識し、本能的に拒絶することがあります。しかし徐々に苦味の中に酸味や辛味、塩辛さなどの味覚を複雑に感じるようになり、食べられるものも増えていくでしょう。

3歳ごろになると味覚の好みが出て、個人の感覚で好き嫌いをするようになります。

まずは少し放置して原因を探ろう

好き嫌いをするときは、頭ごなしに「おいしいよ」と押し付けるのではなく、なぜ嫌いなのか子供の様子から探ってみましょう。もしかしたら形やにおい、食感が苦手なのかもしれません。子供が好き嫌いをする理由が分かると、それに対処する方法も見えてきます。

子供の好き嫌いを減らす3つのアイデア

食べ物の好き嫌いが多いと、食事をすることが苦痛になります。子供の好き嫌いを減らすアイデアを紹介しますので、ぜひ苦手を克服する際のヒントにしてください。

親の影響も大きい!一緒においしく食べよう

親が「トマト、嫌い」のように好き嫌いを言葉で表現していると、子供は「食べ物を好き嫌いするのは良いこと」と勘違いするようになることがあります。

苦手なものがあっても極力子供に分からないようにし、何でも「おいしい」と言って食べるようにしましょう。親がおいしそうに食べていると、子供もおいしく感じられるようになることがあります。

好き嫌いが多すぎるときはレシピを工夫

少しくらいの好き嫌いならば、放っておくと自然に消えることもあります。しかし、好き嫌いが多すぎるときは栄養が偏ることもあるので、レシピを工夫して子供と一緒に克服していきましょう。

細かく混ぜて知らないうちに食べさせるという方法もありますが、これでは完全に苦手を克服したことにはなりません。例えば「ピーマンを入れたよ」と告知して、子供自身が克服するように仕向けていきましょう。

あえて何も言わないほうが良いことも

子供が苦手な食べ物を食べるときは、「ピーマン食べられるかな?」などとあえてハードルを上げるような言い方をしないほうが良いでしょう。

「ピーマンを入れた」という事実は伝えつつも、「食べられるかな?」「頑張って食べてみよう」などと声をかけると、子供はピーマンを食べることが大変なことだと認識してしまうことがあります。

食事を楽しむことと感謝することを伝えよう

食事は人生の中でも大きな楽しみです。おいしく楽しく食べられるように、好き嫌いが多すぎるときは克服していくように手助けしましょう。また、食事を作ってくれた人や食材を育ててくれた人に対して感謝することも、子供に伝えるようにしてください。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →