子育てママのお悩み解決メディア
教育費っていくら必要?今後、教育無償化で何が変わるの?

教育費っていくら必要?今後、教育無償化で何が変わるの?

子どもにかかる教育費用は、学校に支払うものばかりではありません。塾や習い事などにもかかりますので、早いうちから貯めるようにして、安心して勉強ができるようにさせてあげたいものです。今回は、教育費用と教育無償化について紹介します。

教育費はいくら必要になるのか

教育費について高いと聞くことも多いかもしれませんが、実際のところはどうなのでしょうか?公立の学校に進むのか、私立に学校を選ぶのかによっても、大分必要な教育費が変わってくるからです。

子どもの教育費が総額いくらかかるのか

高校まですべての学校が公立だった場合、だいたい500~600万円くらい必要になってきます。また、私立の学校を選ぶ場合は、高校卒業までに約1,700万円かかると言われています。つまり、公立と私立とでは、教育費にかなりの差があるということです。

また、最近は大学進学する子どもも多いですが、こちらも公立と私立とでかなり費用が異なります。公立の場合は、4年間でおよそ550万円。私立文系なら700~750万円程度。私立理系の場合は、800~850万円くらいは必要となります。さらに、大学進学のためにアパートを借りる場合は、この金額にその費用がプラスになります。

教育無償化によって何が変わるのか

2019年より、幼児教育の無償化がスタートしています。これは、保育園や幼稚園に通う3~5歳児クラスや、0~2歳児クラスに通っている住民税非課税世帯などが対象となっているものです。また、必要があると認識されると、上限額はありますが、ベビーシッターなども無償化になります。

さらに、高校無償化もあります。こちらは、世帯年収がおよそ910万円未満であれば、国公立も私立も対象になり、授業料の支援金を支給してもらえるというものです。また2020年からは、世帯年収など条件がありますが、対象になると私立の授業料の支援も受けられるようになっています。

ほかにも大学無償化もあり、対象になると、給付型奨学金や授業料等の減免などが受けられます。

他の人は教育費をいくら貯めているのか

大学への進学の有無にかかわらず、教育費用は大きなお金が必要になります。早くからお金を貯めている親御さんも多いと思いますが、実際の貯金額をどのように感じているのでしょうか?

多くの人は貯金額に不安を感じている

高校卒業までにかかる費用の目安、大学にかかる費用のの目安などはわかっていても、実際の貯金額に不安を感じている人は少なくありません。必ずしもスムーズに大学に進学できるかどうかもわからず、進学後に留年せずに卒業できるかどうかもわかりません。また、想定外の出費などに、計画通りに貯金ができずにいる方も多いようです。

教育費を貯めている平均金額

教育費の貯金額は、人によって大きく異なっているようです。毎月、コツコツ貯めている方ももちろんいます。1万~1.5万程度貯金している方が特に多いようですが、5,000円程度貯金している方や、2~3万円ずつ貯めている方などさまざまです。

余裕を持った教育費の準備をしよう

教育費は、はっきり言って高いです。ゆとりがあるうちから、無理なく貯金するようにして、子どもが大きくなった時に安心して勉強できるようにしましょう。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →