子育てママのお悩み解決メディア
大学まで必要な教育費はいくら?世界では日本の教育費は高いの?

大学まで必要な教育費はいくら?世界では日本の教育費は高いの?

お子さんが大学に進学したいと言ってきたら、願いを叶えてあげたいと思うことでしょう。とはいえ、そのためにはまとまったお金が必要です。大学までどれくらいの費用が必要になるのか、年齢ごとにご紹介いたします。

大学までに必要な教育費の平均って?

現在、半数以上のお子さんが大学に進学しています。公立の学校に通う場合と、私立に通う場合とでは費用にも違いがあります。 

大学までどれくらいの教育費が必要?

幼稚園から中学、高校、大学と進んだ場合、一番かかるのはやはり大学に関する費用です。とはいえ中学、高校であっても塾などに通うお子さんも多いため、その費用も用意することとなります。

また、ピアノやスイミングなど習い事をすることも考えられますので、そのあたりのことも考えながら計画的にお金を貯めておくことをオススメします。

幼稚園~小学校

幼稚園には、公立と私立がありますが、どちらを選ぶかによって費用にも差があります。教育費や給食費のほか、塾代、習い事、体験学習などを行う場合は、これらの費用も必要です。

公立の場合、一年間の費用はおよそ14万円。塾や習い事などをする場合は、これにプラス8万円くらいが加算されるようです。

また、私立の場合はおよそ36万円で、塾や習い事、体験学習などを行う場合は、その分の費用がさらに必要となりますが、公立と比較するとこういった費用も私立の方が高い傾向があります。

小学校に入ると、学校教育費や給食費、家庭内学習費やスポーツ、塾代など学校外活動費が必要です。公立の場合はトータルで一年間におよそ32万かかり、私立の場合は、およそ160万円となっています。

中学~高校

公立の中学校の場合は45~50万円程度必要で、私立の場合は、およそ140万円となっています。中学生になると、塾代にかかる費用も高くなり、特に3年生の塾代が高くなっているのです。

公立の高校を選んだ場合、一年間にかかる費用は、およそ45万円。ただし、高校に入ると給食がない所も多く、その分自身で用意することになります。私立の場合は約97万円となっており、こちらも給食費は含まれていません。また、3年間で一年生が一番高くなっているようです。

大学

公立の場合、卒業までに約550万円必要になります。私立の場合はどの学部に入るかによっても費用が異なるのですが、理系の場合は800~850万円程度、文系なら700~750万円くらいかかるようです。

大学まで必要な教育費って?

公立・私立、それぞれ教育費用に差があります。特に、幼稚園から私立に入るとその分の費用も重なるため、10年20年先のことを考えながら計画を立てましょう。

幼稚園から大学まで公立だった場合、一人当たり1,000万円~1,200万円くらい必要になると考えていると良いでしょう。また、幼児から全て私立だった場合は、その倍以上くらいになることもあります。

大学までの教育費はある程度必要になる

教育費は、通う学校によって違いがありますが、いずれにしても大学も視野に入れて考えると1,000万円以上必要になります。私立ではさらに高額になるため、注意が必要です。学校以外でも、塾代なども必要になってきますので、計画的に費用を貯めておく方が安心です。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →