子育てママのお悩み解決メディア
医師が子供時代から医学部に入るまでにしていた習い事とは?

医師が子供時代から医学部に入るまでにしていた習い事とは?

将来を見据えてしっかりとした教育をするとなると考えておきたいのは習い事です。医学部入学のためには、どんな習い事をさせるべきなのか、気になるところでしょう。

今回は幼少期の習い事のメリットや実際に医者になった人たちが経験していた習い事について紹介していきます。

幼少期の習い事で得意分野を強化できる!

子供の得意分野を早期から伸ばせるのは、幼少期に教育する大きなメリットといえます。

3歳までに子どもの脳の80%ができあがる

子供が3歳になるまでに、脳の発達が完了していきます。幼少期の教育は学業成績だけではなく、その子の人格にも関わるものです。3歳までの習い事は何かを覚えさせるというよりは、脳を発達させるためのものと考えましょう。

幼少期の習い事のメリットとは?

幼少期に習い事をする大きなメリットとしては子供の興味のあるもの、得意なもの、もともと持っている能力を早くから伸ばせるということです。特に幼少期は右脳が良く働いているので、習い事を通して自分の得意なものや好きなものを伸ばすための土台づくりにもなります。

早めの習い事は、自分が興味のあるものや得意なことを探すという点においても良い機会です。

実際に医者になった人たちがしていた習い事とは?

将来医者になって欲しいからこそ、より有効な習い事をさせたいと考えるのが親心です。実際に、医者になった人たちがしていた習い事を参考に決めてみてはいかがでしょうか。 

ピアノ

手先を使用するからでしょうか、幼少期にピアノを習っていたという現役のお医者さんは多くいるようです。同列で同じく手先に集中する初動やそろばんなどもあるので、手や指が脳の発達に大きく影響するというのが頷けます。指の運動は大脳をよく刺激するそうです。

水泳

続いて、幼少期にしていた習い事で多かったのは水泳です。水泳に限ったことではありませんが、スポーツは危険が伴います。準備不足のため水中で足をつってしまっては大きな事故につながりかねないような水泳は、辛くても頑張って乗り越えるという経験が得られるでしょう。

こうした経験は後に難しい勉強に諦めずに取り組むという場面に活かされます。

体操

基礎体力をつくるのに効果的な体操、こうした習い事を幼少期にしていたというお医者さんもいますので、参考にしてみましょう。

塾・通信教育

学習量が多く継続していくのは難しいものの、水泳同様に頑張って乗り越えるという経験が得られます。学習の習慣もしっかりつくので、学校での勉強もしやすくなるでしょう。

習い事を通して子どもの興味を育てよう!

子供の個性や特技を伸ばす以外にも、子供の好きなことを見つけるきっかけにもなるのが習い事です。教育の大事な第一歩ではありますが、大切なのは子供が楽しく興味を持って取り組めるかどうか、といえます。

親がしっかりサポートしつつ、子供が習い事を楽しいと思って能力を伸ばせるように心がけましょう。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →