子育てママのお悩み解決メディア
子供にいつからスマホを持たせるべき?メリット・デメリットを解説!

子供にいつからスマホを持たせるべき?メリット・デメリットを解説!

小学生の子供をもつ親にとって、悩ましいのがスマホをもたせるタイミング。何年生ぐらいから持たせれば良いか悩んでいる親も多いでしょう。今回は、スマホを子供に持たせるべきタイミングやメリット、デメリット、管理しなければならないポイントなどを解説します。

子供にスマホをもたせるのはいつから?

スマホを子供に持たせるタイミングは、一体いつでしょう?小中学生が当たり前のようにスマホを持つ現代で、スマホを購入する適切な時期を解説します。

小中学生のスマホ保有率は49.8%

現在、スマホや携帯電話、パソコンなど、何らかの通信機器で使って、インターネットを利用している小中学生は急激に増加している傾向にあります。内閣府がおこなった『青少年のインターネット利用環境実態調査』の結果、小学生でスマホを保有しているのは、全体の49.8%、中学生の保有率は75.2%にも及びます。

高学年からスマホを与える家庭が多い

小学生でも2人に1人、中学生にもなると5人中3〜4人はスマホを保有しています。このことからも、多くの子供が小学生のうち、または中学生になるタイミングでスマホを手にしているそう。さらに学年ごとに分けて、スマホの保有率を調べていくと、小学5〜6年生のタイミングで、スマホ保有率が急増しており、多くの家庭では小学校5年生、または6年生でスマホを持たせているとわかります。

子供にスマホをもたせるメリット・デメリット

親が子供にスマホを与える際、重要となるのが「メリット」と「デメリット」を正しく理解していることです。以下で、メリットとデメリットについて解説します。

子供にスマホをもたせるメリット

子供にスマホをもたせるメリットは、以下のとおりです。

  • 防犯対策になる
  • 学習に役立つ
  • ITリテラシーが身につく

子供を学童へ通わせている家庭などは、防犯のためにスマホを持たせているようです。また、スマホで手軽に勉強ができることもメリットだそう。そして、早い時期からITに接しておくことで将来へ役立てることもできます。

子供にスマホをもたせるデメリット

メリットの反面、子供にスマホを持たせることにデメリットもあります。具体的には以下のような事柄が、デメリットとなるでしょう。

  • 勉強の妨げ
  • いじめの要因
  • 有害サイトへアクセスするリスク

安心して子供にスマホを与えるには、予め対策を練っておくことがポイントでしょう。

子供にスマホを持たせるなら、ここをは管理して!

心配せず、子供にスマホを与えるためには、ある程度のルールや規制を設けることが重用です。ここでは、子供にスマホを与える際、最低限、親が管理すべき点を解説します。

使用する時間

子供にスマホを与える際は、使用できる時間を決めておきましょう。「1日◯時間まで」や「何時から何時の間」などのように、メリハリをつけたうえで、スマホを使わせましょう。

課金の制限

「知らないうちにとんでもない料金になってしまった」という事態を避けるためには、課金額に制限を付けることも必要でしょう。「課金額はお小遣いの範囲内」や「月いくらまで」、「課金は絶対禁止」など、明確な制限を設けておきましょう。

アクセス制限

子供が有害サイトへアクセスしてしまい、個人情報が漏れるなどのリスクも回避すべきでしょう。スマホ契約時には、アクセス制限について、しっかりと検討しましょう。

正しく管理すれば、子供の身を守るスマホ

明確なルールを設けて持たせることができれば、スマホは子供の身を守る強い味方となります。子供が小学校高学年から中学生になったら、家族間でよく話し合ってスマホを持たせるかどうか決めましょう。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →