子育てママのお悩み解決メディア
子どもの脱水、もしものときは経口補水液を!
〔PR〕2020.11.13 by Hanakoママ Hanakoママ

子どもの脱水、もしものときは経口補水液を!

夏の暑い時期だけではなく、冬でも脱水症になることがあります。急な発熱、下痢、嘔吐・・・。もしものときのために「経口補水液」を備えよう。

Q1.冬でも脱水症になるの?

もちろんなります。発熱による発汗だけでなく、ノロウイルスなどの感染性胃腸炎による下痢やおう吐は、急激に大量の体液を消失し、脱水につながります。脱水症は低血圧の原因となりフラフラしたり、ひどくなると意識を失うことも。甘く考えず、すぐに経口補水療法を開始することが早期回復へととながります。

Q.2 経口補水液って何のために使うの?

経口補水療法という脱水の初期対応に使います。世界各国で採用されているこの治療法は、経口補水液を口から摂取。中等度までの脱水では点滴よりも推奨されています。自宅に経口補水液をストックしておけば、発熱による発汗・下痢・おう吐がはじまって、すぐに自宅で経口補水療法を開始することができ、早期対応の第 一歩となります。

Q3. オーエスワンとスポーツドリンクの違いは?

オーエスワンは軽度の中等度の脱水状態の方の水分、電解質を補給・維持するのに適した病者用食品です。スポーツドリンクよりも電解質濃度が高く、糖質濃度が低い組成になっています。オーエスワン500ml1本分のナトリウム含有量は、お味噌汁1杯、梅干し1個に相 当します。

Q4. おう吐がある時に飲ませるコツは?

オーエスワンゼリーがオススメです。スプーンを使って少しずつ飲ませやすいうえ、ドリンクタイプよりも塩味が感じにくく子どもも飲みやすい味になっています。

また、ドリンクタイプを凍らせることも、子どもがなめやすいので効果的。ただしこの場合は濃度差が生じさせないように一口で食べきれるサイズの製氷皿で凍らせましょう。

Q5. お医者さんに診てもらうのは、どんなとき?

生後2か月未満の赤ちゃんはすぐに受診しましょう。子どもは自分の体の状態をうまく伝えることができません。症状の悪化、呼吸が速く荒い、興奮している、ぐったりしているという場合も早急な受診が必要。

自宅での経口補水療法の開始とともに、様子を見ておかしいと感じたらすぐに小児 科を受診しましょう。

のどが痛い、食欲がないときも咀嚼・嚥下しやすいゼリータイプ

発熱・下痢・おう吐による脱水状態時の初期対応に使用できるオーエスワンシリーズ。ゼリータイプは飲みこみやすく、小さな子どもがいるお家のマストアイテムです。冷蔵庫に常備して、この冬は家族みんな健康に乗り切りましょう。

オーエスワンゼリー 200ml メーカー希望小売価格190円(税抜き)

(大塚製薬工場 0120-872-873)

イラスト〇清水宣子 文・小田原みみ

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →