子育てママのお悩み解決メディア
商品名がないグミ!?「ふわ もち かち」3つの食感が楽しい「カンロ ○△□グミ」

商品名がないグミ!?「ふわ もち かち」3つの食感が楽しい「カンロ ○△□グミ」

最近また人気が復活してきているグミ。カンロ飴やピュレグミなどでおなじみのカンロからそんな熱いジャンルに 2020年12月1日(火)発売されたのは、「カンロ 〇△□グミ(マルサンカクシカクグミ)」です。

カンロ「 〇△□グミ」

一袋で3つの異なる食感が楽しめるという新しいグミは、佐藤オオキさん率いるデザインオフィスnendoとコラボで誕生。

佐藤オオキさんは「世界が尊敬する日本人100人」に選出される世界的有名デザイナーで、最近ではローソンのPB商品のリニューアルなどを手掛けています。

今回のコラボレーションは、 グミに多大な可能性を感じていた佐藤オオキさんと新たな挑戦を行いたかったカンロの出会いによりスタート。

「アレがない」に気づきますか?

今回の商品を見て、何かないのに気づくことができるでしょうか?

今年のトレンドのペールトーンのパッケージは持っているだけでも可愛い!

その答えは、商品名や味の説明がないこと。

商品の顔である表面には文字情報が全くなく、〇△□の幾何学模様だけ。そのデザインはまるで雑貨のようで、店頭でも目を引き、SNSでも早くも注目を集めています。

また、 ありそうでなかったサイドフック型のパッケージを採用しているのもポイント。 縦方向にジッパーが付いたことで間口が広くなり、 手を入れやすく、 物をまだうまく取り出せない子どもでも食べたい形のグミを簡単に取り出すことができます。

1つの袋に3つの食感という新しい体験

パッケージだけではなく、 グミ粒にも珍しさが満載。 一袋に3つの食感のグミ粒が入ったアソートタイプです。 〇型はふんわり食感、 △型はさくもち食感、 □型はかちっと食感と、異なる食感が1つの袋に入っているのです。 デザインオフィスnendoが3Dプリンターで成形したモックで形と弾力との関係性による食感の違いを検証。カンロとの試作を繰り返すことで生まれた、 3つの異なる食感を楽しむことができる「食感エンターテイメントグミ」なのです。

子どもの食に対する理解や形の違いについて食べながら一緒に考えるなど、食育おかしにもなりそうですね。□型は固いので、まだうまく食べられない小さなお子さまにはご留意をお忘れなく。

同じ色・同じくらいの大きさでも食感が違うという不思議に子どもはどう反応する?

カンロ 〇△□グミ グレープ
発売日:2020年12月1日(火)
参考価格:216円(税込) ※消費税8%
内容量:50g
販売エリア:全国(コンビニエンス限定)

北本 祐子

北本 祐子ライター

大阪生まれ。IT系出版社に勤務後、「女性にもITをもっとわかりやすく伝えたい!」とIT系編集・ライターとして独立したはずが、生来の好奇心の強さとフットワークの軽さから気が付けばトレンドライターとして幅広いジャンルを取材・執筆。ジャンルは違っても、人を幸せな気分にしたくて生まれる商品やサービスに込められてた思いを広く伝えるべく、日々駆け回っています。お得&楽しい情報が大好きなので、たくさんシェアしていきます!instagram.com/yukokitamoto

北本 祐子さんの記事一覧 →