子育てママのお悩み解決メディア
産後に夫婦の時間がない!産後クライシスを回避するための方法とは?
2020.10.23 by Hanakoママ Hanakoママ

産後に夫婦の時間がない!産後クライシスを回避するための方法とは?

産後、退院して家に戻ったら育児に追われてしまい、夫婦の時間がないと感じている方も多いのではないでしょうか。産後のママは赤ちゃんのお世話で手一杯となり、なかなか自由な時間がとれません。

また、夫とのコミュニケーションの減少は「産後クライシス」につながってしまう可能性もあります。この記事では夫婦の時間を増やして、産後クライシスを回避する方法をご紹介します。

産後に夫婦の時間がない理由とは?

産後クライシスの大きな原因と言われる「夫婦の時間」の減少ですが、産前とはどう変わるのでしょうか。赤ちゃんが生まれてからの変化について説明します。

赤ちゃんが中心で自由な時間が減る

妻は産後、一日中赤ちゃんの世話に追われ、夜も夜泣きに悩まされてぐっすり眠れないという状況になります。常に赤ちゃん中心の生活で、妻には自由に過ごせる時間など皆無。

睡眠すら取れない状況のため、夫が帰ってきても睡眠確保が最優先となり、夫婦の時間を過ごす余裕がないのです。夫婦の時間を作りたいと思っても優先順位が下がってしまう人が多いのが現実ではないでしょうか。

「産後クライシス」ってなに?

最近よく耳にする「産後クライシス」とは、どのようなものなのでしょうか。原因とともに解説します。

産後急に夫婦仲が悪くなってしまう現象

産後クライシスとは、産後におとずれる夫婦の危機のことです。主に産後の夫婦間のすれ違いによって起こりますが、誰にでも起こり得えるのが怖いところ。産前は仲が良かった夫婦でも、産後の忙しい生活のなかで気持ちがすれ違ってしまい、急激に夫婦の仲が悪くなることもあり得るのです。

出産後の妻の愛情が赤ちゃんに向くことが原因ではなく、夫の育児への関わり方が問題となっているという見解もあり、夫の行動が夫婦仲を決めるといっても過言ではありません。

夫の行動で妻の愛情が冷めてしまうことも

妻が「夫の育児への協力度が低い」と感じてしまうと、夫から気持ちが離れてしまい、愛情が冷めていくようです

妻は出産後は生活が一変し、自分の時間が全くなくなります。そんな時、夫が出産前と同じように過ごすだけでもイライラするのに、「部屋が汚い」など心無い言葉をかけられてしまうと、妻の気持ちは限界に。

夫の何気ない行動や言動が、心身ともに疲れ切っている妻の心を追い込んでしまうのです。

産後クライシスを回避する方法とは?

産後クライシスにならないためにはどうすればいいのでしょうか。ちょっとした工夫や行動を起こすことで、産後クライシスを回避することが可能です。妻から夫にできる対処方法をご紹介します。

日頃から夫とコミュニケーションをとる

日常の少しの時間でも夫とコミュニケーションをとってみましょう。赤ちゃんが寝てくれている時間を利用して話しかけたり、一言でも言葉をかわすことで、わかりあえることもあります。

また、SNSで赤ちゃんの報告をすることも、時間の取れない夫婦には有効です。

夫に育児に参加してもらう

夫が帰ってくる時間まで起きていられないという場合には、夜間授乳を夫に手伝ってもらうという方法もあります。

夫にとっても赤ちゃんは特別な存在なので、育児への参加を持ちかけてみるとよいでしょう。夫のことを見直す良い機会になるかもしれません。

夫婦会議の時間をつくる

家族の将来を明確にするために、夫婦会議の時間をつくり、話し合うことも大切です。時間を決めて将来のことを話し合うことで、協力し合うという意識が高まります。妻の現状を説明することで大変さをわかってもらい、すれ違いをなくしましょう。

夫婦の時間について夫に提案してみよう

産後、夫婦の時間が少なくなってしまったことは、夫もわかってはいますが、すれ違いが続いてしまうと、お互いの気持ちがわからなくなってしまうこともあります。

産後クライシスになってしまわないように、妻から夫に、2人の時間を提案してみませんか。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →