子育てママのお悩み解決メディア
旦那に頼むと逆にストレス?部屋掃除を上手にしてもらうコツ

旦那に頼むと逆にストレス?部屋掃除を上手にしてもらうコツ

「夫に部屋掃除を頼むとストレスが増える!」と悩む妻は少なくないようです。

この記事では、夫に部屋掃除を頼んだときに困ることや、きちんと掃除をしてもらうコツを紹介します。

旦那の部屋掃除で困ること

体調が悪くて休みたいときや子どもの世話で手が離せないときなど、ときには夫に部屋の掃除を頼みたくなることもありますよね。

でも、実際に頼んだ後で「こんなことなら頼まなければよかった!」と頭を抱える方は多いようです。

旦那に部屋掃除を頼んだ結果

では、夫が部屋の掃除をした場合、いったいどんな結果が待っているのでしょうか?妻からはこんな悲痛な声が上がっています。

  • なかなか始めず、嫌々やっているのが丸わかりだった
  • 床を拭くぞうきんをキッチンで洗っていた
  • きれいになっておらず、結局また自分が掃除することになった
  • 風呂掃除を頼んだら、風呂桶の中しか掃除していなかった
  • 食器の内側のみ洗ったのか、外側の汚れが残っていた
  • 物が置いてある場所を避けて掃除機をかけていた


掃除が原因で夫婦喧嘩に!

自主的にやってくれないからお願いしてるのに、やっと掃除を始めたと思ったらこんな結果に。これでは奥さんが、ガッカリ、イライラしてしまうのもわかる気がしますね。

ただ、掃除をした夫側にも「せっかく掃除したのに文句を言われる」という言い分があるようで、過去に行われた株式会社リクルートスタッフィングの意識調査では「掃除が原因で夫婦喧嘩になることがある」と答えた夫婦は50.7%にも上ったそうです。

旦那にきちんと部屋掃除をしてもらうコツ

本来であれば、掃除をしたことでキレイになった部屋で気持ちよく過ごせるはずが、夫婦喧嘩の原因になってしまうのは悲しいですよね。

互いにストレスにならないように、夫にきちんと掃除をしてもらうにはどうすればよいのでしょうか?

選択肢を与えて選ばせる

これは、お願いしても嫌な顔をすることが多い人に効果があります。「食器洗いとお風呂掃除、どっちがいい?」と聞いて、夫にどちらがよいかを選ばせるのです。掃除をするという結果は同じでも、自分で選んだという事実があるので気持ちよく始めてもらえます。

指示は細かく、ピンポイントで

指示は細かく伝えましょう。男性の脳はひとつのことを徹底して行うことには向いていますが、臨機応変に状況判断することは苦手なのです。そのため、「お風呂を洗っておいて」ではなく、「湯船の中とフタを洗って、排水口の髪の毛を取っておいてね」というように、やって欲しいことをひとつひとつ明確に伝えることが大切です。

褒め上手は得をする

最初のうちは、とにかく褒めましょう。少しくらい期待外れの結果だったとしても「男の人の力で掃除してもらうときれいになるね!」「私じゃ気づかない場所まで掃除してくれてありがとう」とよかったことを褒めることで、こんなに喜ぶならまたやるか!という気持ちになるのです。 誰でもどんなことでも最初から上手にできることはありません。まずは褒めてやる気にさせてから、少しずつ上手になってもらえばよいのです。

上手に接してお互いに気持ちよく過ごそう

わかりやすく説明し、褒めながら夫を教育していけば、そのうち本当に自分より上手に掃除をしてくれるようになるかもしれません。上手に接することで、お互いが気持ちよく過ごせるようになるとよいですね。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →