子育てママのお悩み解決メディア
浮気の定義は2つに分かれる!法的に慰謝料を請求できる浮気とは?

浮気の定義は2つに分かれる!法的に慰謝料を請求できる浮気とは?

どこからを浮気と考えるのかは人それぞれですが、法的に慰謝料を請求できる浮気というのは、いったいどこを境界線としているのでしょうか?

この記事では、浮気の定義についてや、法的に認められる浮気の判断基準について紹介します。

浮気の定義は夫婦かどうかで変わる!?

「浮気をした!」「いや、あれは浮気じゃない」という喧嘩でもわかるように、何を浮気とするかは人によって異なります。では、浮気の定義というものは存在するのでしょうか。

結婚していない場合はカップル次第

結婚をしていない独身同士のカップルは、基本的には法律などの縛りなく自由に恋愛ができます。そのため、例えば「二人きりで食事に出かけた」ことを自分は問題ないと考えていても、付き合っている相手が問題だととらえるのであれば、その行為を浮気であると断定することも可能です。

夫婦の場合は法律上の定義がある

しかし、結婚した夫婦の場合は話が変わります。法的に婚姻関係にある夫婦には負うべき義務や守るべき決めごとがいくつかあり、浮気はそれらを破るものだと考えられています。特に貞操義務に違反する行為は法律上の「不貞行為」であり、配偶者を傷つける行為であるとして民法709条で「不法」であると定められています。つまり、傷つけられた側は離婚や慰謝料を請求することができるのです。

法的に浮気と認められるのは?

ただ、実際に離婚や慰謝料を請求するためには、その浮気が法的に「不貞行為」であると認められる必要があります。では、認められるためにはどんなことが基準となるのでしょうか?

法的に浮気だと認められる不貞行為とは?

ある浮気が不貞行為にあたるかどうかは、配偶者が浮気相手と肉体関係にあったことを証明する必要があります。すなわち、配偶者が浮気相手とキスをしているところに出くわしたとしても、それは不貞行為とは認められないのです。

不貞行為かどうかの判断基準

しかしながら、配偶者と浮気相手の間に肉体関係があったことを証明することは簡単ではありません。実際の証明には次のような証拠が有効となる場合が多いようです。

長時間二人でラブホテルにいた証拠

一般的なホテルとは違い、ラブホテルは利用目的が比較的明らかであるため、二人で長時間いたことが証明できればそれは証拠として有効であると考えられます。

メールやSNS等の性交渉を仄めかす送受信

キスやハグをしている画像が見つかるなど親しげな内容であったとしても法的な証拠としては認められないことも多いです。しかし、性交渉を持ったことが明らかな内容であればそれは証拠となり得ます。

相手の自宅に長時間いたことがわかる証拠

こちらも言い逃れがしやすい状況ではありますが、例えば深夜の時間帯に二人で帰宅したあと電気が消え、そこから出たのが翌朝であるなど、性交渉があったことが予測できる場合は証拠になると判断される場合があります。

慰謝料を請求できるのは夫婦のみ

浮気には法的な定義があり、離婚や慰謝料を請求できるのは夫婦のみであることがわかりました。配偶者の浮気がわかったときは大きなショックを受けますが、婚姻関係にあったことを幸いと思い、しかるべき証拠を集めて動いてみるのがよいでしょう。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →