子育てママのお悩み解決メディア
夫婦とは何か?仲の良い夫婦でい続けるコツを紹介します

夫婦とは何か?仲の良い夫婦でい続けるコツを紹介します

年の差婚や週末婚など、夫婦の形は人によってさまざまです。海外では、籍を入れない事実婚を選択する人も多くいます。一体、夫婦とは何なのでしょうか。

そこで今回は、夫婦とは何かについて解説します。仲の良い夫婦でいるコツも紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね!

そもそも夫婦とは何?

結婚生活を送る中で、不意に「夫婦って何だろう」と感じることはありませんか。とくに家族が増えると、立ち位置が夫婦から親に変わり家族になります。

そのため、夫婦の意識が薄れる人も多いことでしょう。しかし、夫婦と家族は異なります。家族から離れて夫婦としての在り方を考えることが、二人の関係を持続させるポイントになるでしょう。

仲の良い夫婦でいるコツ

いつまでも良好な関係を維持するには、夫婦として何をすればいいのでしょうか。ここでは、仲の良い夫婦でいるコツを紹介します。

下の名前で呼び合う

仲の良い夫婦に共通している点として、下の名前で呼び合っていることが挙げられます。多くの夫婦は子どもが産まれると、子どもに合わせた呼び方に変えるため、お互いに下の名前で呼ばなくなることも少なくありません。

子どもを交える会話であればパパやママと呼び合うのもいいですが、夫婦の時間はちゃんと下の名前を呼ぶことが大切です。

同じ趣味を楽しむ

仲の良い夫婦は、同じ趣味を楽しむ傾向があるようです。同じ趣味を楽しめるようになると、一緒に過ごす時間が増えるだけでなく、話題も広がるので会話量も自然と増えるでしょう。

また、家族になると子どもを交えて過ごすのが当たり前になりますが、共通の趣味があれば夫婦だけの時間を確保することができて距離がグッと縮まります。

感謝や謝罪を伝え合う

夫婦の関係を良くしたいなら、感謝や謝罪の気持ちは言葉で相手にしっかり伝えることが大切です。結婚生活が長くなってくると、「言わなくてもわかってくれるだろう」という甘えが出てきがち。

ただ、夫婦であっても人の気持ちまではわかりません。仲の良い夫婦は、そのことを理解しているので「ありがとう」「ごめんなさい」を言葉で伝えます。

仲の良い夫婦が絶対しないこと

仲の良い夫婦は、思いやりの心を忘れません。お互いに思いやりのない夫婦が良好な関係を続けることは難しいでしょう。

たとえば、価値観の違いで喧嘩をする人も多いですが、育ってきた環境が異なるため、そもそも価値観は違って当然なのです。

仲の良い夫婦は、価値観の違いを受け止めて相手を理解しようとします。その姿勢が夫婦の絆を強固にさせ、より良い関係を維持できるのです。

お互いを尊重して思いやりを持つことが大切

育ってきた環境が異なる二人が夫婦になるのですから、ときには価値観が合わないこともあるでしょう。ただ、そんなときこそ夫婦の仲をさらに深められるときです。

お互いを尊重して思いやりの気持ちを持つことを大切にしましょう。そうすれば、自分たちが思い描く仲の良い夫婦になれるはずです!

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →