子育てママのお悩み解決メディア
専業主婦だとなぜ保育園を利用できないの?その理由と対処法を紹介

専業主婦だとなぜ保育園を利用できないの?その理由と対処法を紹介

専業主婦でも子どもを保育園に預けられたら、と感じている人は多いのではないでしょうか。2人目や3人目を妊娠したときや親の介護があれば、専業主婦でも保育園を利用できると助かりますよね。

そこで本記事では、専業主婦だとなぜ保育園を利用できないのか、その理由と対処法を紹介します。

専業主婦だとなぜ保育園に入れないの?

そもそもなぜ専業主婦だと、子どもを保育園に入れることができないのでしょうか。その理由から説明しましょう。

両親が働いていることが前提だから

保育園には、保育料の安い認可保育園と認可外保育園の2つがあります。認可保育園の審査基準は自治体により異なりますが、多くの自治体で共働きであることが申請の条件であるため、現実には専業主婦だと申請すら難しいでしょう。

認可外保育園ではそのような条件は設けられていませんが、保育料が高くなり利用しづらくなります。

就活中で働きたい専業主婦なら可能性もあり

就活中の専業主婦なら、申請することは可能でしょう。ただし、働いている人と比べると審査に通ることは難しくなります。

どうしても働きたい場合は先に認可外保育園を利用し、就職してから認可保育園に変えるなど段階を踏む方法がおすすめです。

子どもを保育園に預けたいときは

子どもを保育園に預けたい場合は、次のような方法も検討しましょう。

職業訓練校に通う

自治体によっては、職業訓練校に就学することで審査に有利に働くことがあります。これは自治体の審査基準によるため、事前の確認が必要です。

職業訓練校は、失業給付金を受けていなくても、就学に必要な知識や技術を学ぶことができます。

競争の激しくないところに転居する

共働きでも保育園の入園が難しいといった競争が激しい区域では、フルタイムで働いていない限り、保育園の利用は難しいのが現実です。金銭的に余裕があれば、競争の激しくない地域に引っ越す方法も考えられるでしょう。

また最初は、駅から離れていて交通の便がよくないなど、人気のない保育園を選び、仕事が決まってから保育園を検討するのもひとつの方法です。

入園する時期をほかの人とずらす

認可保育園の入園時期は4月ですが、あえて入園の時期をずらす方法もあります。ほかの人の転勤などにより、空きが出れば入園することも可能でしょう。

異動が多いのは4月と10月ですが、4月は難しいので10月の申請を検討してみてください。

子どもを保育園に入れるには情報収集が大事

専業主婦でも保育園に入れる方法がありますが、競争の激しい地域ではフルタイムで働いていない限り審査に通るのは難しいでしょう。このようなときこそ、ママ友やネット上の情報収集が大事になってきます。

保育園に子どもを入れているママ友がいれば、空きが出そうといった役に立つ情報を得ることができるでしょう。自分がどうしたいのか事前に周りにも声をかけておき、積極的に動くことが大切です。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →