子育てママのお悩み解決メディア
閉経を迎える平均年齢は?更年期による体の変化との関係を解説

閉経を迎える平均年齢は?更年期による体の変化との関係を解説

40歳を過ぎて月経が不順になってきたり、体の不調を感じたりしたら、閉経が近いのかもしれないと感じる方が多いでしょう。今回は、閉経を迎える平均年齢や体の変化を解説します。

閉経とはどのような状態?

閉経とは1年間月経が起こらず、月経が完全に停止した状態をいいます。加齢により卵巣機能が低下し月経周期が乱れ、徐々に月経が停止してしまうのです。月経がなくなっても、すぐに閉経という判断はできず、1年たたないと完全に閉経したのかどうか分かりません。

他に閉経かどうかを判断するには、血液検査で卵胞刺激ホルモンの値を調べる方法もあります。ホルモン値が閉経後の値であれば、閉経と診断されるのです。

閉経を迎える年齢は?

閉経を迎える年齢は人によって違いますが、40歳を過ぎるともうすぐ閉経かもしれないと思う人も多いようです。閉経を迎える平均年齢は何歳なのかをみていきましょう。

閉経の平均年齢

日本産婦人科学会の調査によると、日本人女性の閉経の平均年齢は約50歳といわれています。しかし早い人では40代前半に、遅い人だと50代後半に閉経を迎えるため個人差は大きいようです。

自分の閉経がいつ頃になるのか知りたい方が多いでしょう。閉経の年齢を知る方法はありませんが、月経周期が乱れてきたり月経量の変化を把握したりして予測することは可能といえます。

初潮が早い人は閉経も早い?

初潮が早いと閉経も早いのではないかと思われる方がいますが、初潮と閉経の年齢に関係はありません。初潮の年齢はそのときの体格と関係しているため、体が大きくなるのが早い女児は初潮も早いと考えられています。

一方、閉経は卵巣の寿命で決まるため、初潮が早いからといって閉経も早いわけではないのです。また、出産回数や人種は、閉経の年齢には関係ないと考えられています。

閉経と更年期の関係

更年期は閉経の前後5年間である約10年間を指します。日本人の閉経の平均年齢は約50歳なので、45歳から55歳ごろを更年期といっていいでしょう。

卵巣からの女性ホルモンの分泌量が低下することで更年期の症状が出始め、同じ時期に月経も不順になり始めます。

閉経の年齢に個人差はありますが、45歳から56歳までに80%の人が閉経すると言われています。更年期は早い人で40歳から始まり、遅くとも60歳ころには症状がおさまると考えていいでしょう。更年期の症状を感じ始めたら閉経も近いと思っていいようです。

体の不調を感じたら婦人科へ

閉経後はさまざまな病気が生じやすくなります。骨粗しょう症や脂質異常症、動脈硬化になるリスクが高いと言われているため、今までとは違った体の不調を感じたら婦人科で診察してもらってください。

また、閉経前後の更年期症状が重い場合も婦人科での診察をおすすめします。婦人科で更年期症状を軽減させる薬を処方してもらいましょう。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →