子育てママのお悩み解決メディア
夫へのクリスマスプレゼントは何をあげる?夫が喜ぶプレゼントの選び方

夫へのクリスマスプレゼントは何をあげる?夫が喜ぶプレゼントの選び方

もうすぐクリスマスですね。そこで悩むのがクリスマスプレゼント選び。特に、いつも一緒にいる夫へのプレゼント選びは難しい…という方も多いのではないでしょうか。今回は、クリスマスプレゼントに何をあげればいいのか迷っている方に、クリスマスプレゼントの選び方のポイントをご紹介します。

クリスマスプレゼントで夫に感謝を伝えよう

夫にクリスマスプレゼントを渡す妻
クリスマスプレゼントで夫に感謝を伝え、絆を深めよう

家族になり、子供ができるとクリスマスというイベントはどうしても子供が主役になりがち。だからこそ、夫にはプレゼントを贈り日頃の感謝の気持ちを伝えましょう。

夫へのクリスマスプレゼントの予算は?

サンタクロースの格好をしたブタの貯金箱
金額よりも思いやりの気持ちが多いプレゼントを贈ろう

家族になると、家計が同じになるためクリスマスプレゼントにいくらかけるかを悩みますよね。子供へのクリスマスプレゼントも用意しなければならない、年末年始にも何かとお金がかかる出費の多い時期です。夫へのクリスマスプレゼントの相場は3,000円〜2万円と言われています。

しかし、家庭により経済状況が異なるため、相場に合わせて無理に高い物を贈る必要はありません。妻からの気持ちを込めて、金額以上のプレゼントを贈りましょう。

夫へのクリスマスプレゼント選びのポイント

プレゼント選びは何気ない会話から

クリスマスプレゼント選びのための夫婦の会話
夫が欲しいもののヒントは、何気ない会話の中に

夫のことをいちばん側で見るようになると、恋人の時とは違う視点で贈り物ができるはずです。ふとした日常の会話の中で「あ、これいいな」と言っていたものをクリスマスプレゼントとして贈ってあげましょう。

夫が欲しいものに気付いてあげる

言葉にしていなくても、じーっと見ていたなど何かを欲しそうな様子はきっとあるはずです。その欲しそうな視線の先にあるものが、ちょっと高いカップラーメンだって、ちょっと高いお肉だって、クリスマスプレゼントがスーパーで手に入るようなものでも構いません。「俺の気持ちに気付いてくれていたんだ!」ということが何よりの妻からのプレゼントになるはずです。

普段忙しくてそこまで気が回らない!という方も、クリスマスの前だけは、少しアンテナを夫にも向けられるといいですね。

クリスマスプレゼントを夫婦が欲しい生活品を買う機会に

クリスマスプレゼントにぴったりなカラフルな一点ものの食器
一点もののこだわりの食器を夫へのクリスマスプレゼントに

どうしても夫の欲しいものがわからない、気付けないという場合は、夫婦2人が欲しいと思っているものをプレゼントとして買うのもおすすめです。

欲しいけど少し高くてなかなか買えない食器、上質な触り心地のタオル、2人が欲しかったソファなど、子供がいると抑えてしまう部分を毎年クリスマスプレゼントに充てます。そうすれば、大人も本当に欲しいものがもらえるクリスマスになりますよ。

夫婦で使えるものをクリスマスプレゼントに

夫婦で一緒に使える高級ストール
チェック柄なら男女問わず使えるから夫と共有しやすい

クリスマスプレゼントは夫が1人で使えるようなものもいいですが、夫婦で一緒に使えるものを贈るのも仲が深まるアイデアのひとつ。例えば夫と一緒に使えるストールやカバンなど、普段だったら買わないような物も夫婦で共有できるとなれば、多少価格が高くても夫からの不満も出づらいはずです。高い物に興味がない方は、夫と共有できるスポーティバッグやニット帽などであれば価格も抑えられます。

一緒に暮らす家族だからこそできる最高のクリスマスプレゼントで、夫との絆を深めましょう。

クリスマスは夫に”特別なひととき”をプレゼント

クリスマスのお祝いをする夫婦
夫と2人で乾杯するだけでも最高のクリスマスに

物をプレゼントするのは…という方は、夫と2人の時間を過ごすのもおすすめです。子供が起きていても構いません。夫のための料理とお酒、もしくはクリスマスケーキなどを用意し、2人で向かい合って「おいしいね」と食べたり飲んだりする。いつも忙しく、子供のことばかりであまり向き合えていないのなら、たったそれだけでも夫にとっては嬉しいクリスマスプレゼントになるはずです。

クリスマスというイベントを生かし、少しだけ”夫婦ふたりの時間”を過ごしてみてはいかがでしょうか。

夫へのクリスマスプレゼントは気持ちをいちばんに

自宅で過ごす方も多い今年のクリスマス。夫へのプレゼントを用意して、日頃の感謝を伝えつつ、楽しいクリスマスを過ごしてくださいね。

いろは

いろはライター・エディター

ASD、ADHD、LDの9歳男児、6歳女児と3人で暮らす。早稲田大学在学中に週刊誌の編集アシスタントを経験したことをきっかけに、今に至る。

いろはさんの記事一覧 →