子育てママのお悩み解決メディア
親子で楽しむクリスマス!飾っても可愛く食べても美味しいクリスマスレシピ

親子で楽しむクリスマス!飾っても可愛く食べても美味しいクリスマスレシピ

今年のクリスマスは、自宅でゆっくり過ごすご家庭も多いのではないでしょうか。子どもも大人も楽しみなイベントだから、自宅で簡単に作れる、クリスマスにぴったりなお菓子を親子で作ってみませんか。飾っても可愛いくて、子どもたちの気分が盛り上がるレシピを2つご紹介いたします。

1.ジンジャーブレッドマンクッキー

【材料(15枚分)】

  • A 小麦粉・・・150g
  • A シナモンパウダー・・・1つまみ
  • A 塩・・・1つまみ
  • B メープルシロップ・・・55g
  • B 太白ごま油又は米油・・・30g
  • B 牛乳(又は豆乳)・・・20g
  • B おろし生姜(チューブでも可)・・・5g程度

【作り方】

1.ボールを2つ用意し、材料AとBをそれぞれのボールに計量し、泡だて器で混ぜ合わせる。

2.材料Bが入ったボールに材料Aを加えてゴムベラで切るように混ぜ合わせて生地をひとまとめにする。

3.めん棒で厚さ4mm程度に伸ばし、人形やクリスマスツリーのクッキー型で型抜きしたら、クッキングシートを敷いた鉄板に並べる。

4.箸やスプーンを使って人形やツリーに模様を付けてから、180度に温めたオーブンで15分程度焼く。

【コメント】

ジンジャーブレッドマンとは、人の形に焼き上げられたジンジャークッキーのことで、ヨーロッパやアメリカではクリスマスの時期によく食べられている伝統的なお菓子です。アメリカの子どもたちはみんな知っている「The Gingerbread Man」というおとぎ話もあるんですよ。

穴をあけてから焼いて紐を通したら、クリスマスツリーのオーナメントとして飾っても可愛いです。

このレシピはメープルシロップの甘みのみで砂糖が入っていないので、生姜やメープルの風味を感じられる甘さ控えめのクッキーです。一般的なクッキーの甘さにしたい場合は、砂糖を20g程度加えてくださいね。お好みでチョコペンで飾りつけをしても可愛いです。

2.スイートポテトのクリスマスツリー

【材料(20個分)】

  • さつまいも・・・中2本(約400g)
  • A 牛乳・・・100ml
  • A きび砂糖(白砂糖でも可)・・・40g
  • A メープルシロップ・・・40g
  • A バター・・・40g
  • A 塩・・・1つまみ
  • クラッカー・・・20枚
  • アラザン、お麩、チョコスプレー、ぶぶあられ等(飾りつけ用)・・・適量

【作り方】

1.さつまいもは2㎝幅に切ってから中心まで火が通るまで蒸し器で20分程じっくり加熱したら、温かいうちに皮をむいてマッシャーでつぶす。

2.鍋に①で作ったさつまいもと材料Aを入れて弱火にかけ、ゴムベラの跡が残る程度まで少し水分を飛ばす。この時にさつまいものダマが残っていると絞り出し袋の金口を通らないので、ダマが残っている場合は、再度マッシャーでしっかり潰すか、ハンドブレンダーで滑らかに仕上げる。

3.星形の金口を付けた絞り出し袋に入れて、クラッカーの上にソフトクリームを作るように絞り出す。

4.アラザンや星形のお麩でクリスマスツリーのように飾りつけをする。

【コメント】

さつまいもは電子レンジで加熱しても良いですが、蒸し器でじっくり加熱して火を通した方が、さつまいもに含まれているでんぷんが糖化して甘みが増します。

また、抹茶パウダーを小さじ2杯加えると、もみの木色のクリスマスツリーのようになります。

子どもが絞り出し袋を使って絞る時は、絞り出し袋の上から中身が出ないように、ゴムやクリップでとめてあげるとやり易いですよ。子どもが作った不揃いの形のクリスマスツリーも味わいがあって可愛いです。

阿知和 梨香

阿知和 梨香食育アドバイザー

大手食品メーカーで10年間商品開発を担当し、数多くのヒット商品を発売。内閣府食品安全委員会の専門委員の経歴を持ち、現在は子ども料理教室「食育クッキング」を主宰している。自治体主催のパパと子ども向け食育講座の講師や、企業で幼児食の開発アドバイザー等も務めている。instagram.com/shokuikucooking

阿知和 梨香さんの記事一覧 →