子育てママのお悩み解決メディア
子供の友達作りが心配… そんなとき親にできるサポートとは

子供の友達作りが心配… そんなとき親にできるサポートとは

子供に友達がいない気がして心配、というお父さんお母さんも多いのではないでしょうか。そんな時に役立つ、子供の友達作りのために親ができるサポートをいくつか紹介します。

子供同士のコミュニケーションに、どこまで親が介入していいのか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

子供の個性を尊重しよう

大人にもひとりでいるのが好きな人や、無口な人がいるように、子供にもそれぞれの性格があることをまずは理解しておきましょう。子供なのにひとりで遊んでいたり、大勢の輪に入っていかないからおかしいということは決してありません。

子供の性格を理解したうえで、その子に適した範囲で友達作りのサポートをしてあげるのが理想です。

親にできることは?

子供同士の問題に親ができることは少ないかもしれません。しかし、直接介入するのではなく、子供が友達を作りやすい環境を整えてあげることは間違いなく親にしかできないことです。

友達をつくってあげるのではなく、友達をつくるのが上手になるサポートをするつもりで手助けをしてあげてください。

親は味方であることを伝える

まずは自分は何があってもあなたの味方であるということを、しっかり子供に伝えてあげるようにしましょう。

無条件で味方になってくれる人の存在を感じることで、子供は安心して外の世界へ飛び出していくことができるのです。きっと伝わっているから大丈夫と考えるのではなく、きちんと言葉にして伝えてあげることが大切です。

ひとりで過ごす時間も認める

前述したように、子供にもそれぞれ個性があり、ひとりの時間を好む子供もいます。そんな時は無理やり友達の輪に入ることを強要するのではなく、今はひとりで遊びたいんだね、と認めてあげることも大切です。

ある程度ひとり遊びに満足したら、けろっと友達と遊び始めることもあります。 「一緒に遊ぼう」「仲間に入れて」という言葉をなかなか自分から伝えるのが難しい子供には、いいタイミングで後押ししてあげるのもひとつの方法です。

「今言ってみたら?」や「後ろにいるから話しかけてみたら?」と優しくきっかけを作ってあげることで、友達に声をかけるタイミングを学んでいくことができます。

人と関わる機会を与える

人と関わることに慣れておらず、どういう風に接したらいいのかわからないという子供もいます。

大人子供にかかわらず様々な人と関われる場所を用意してあげるといいかもしれません。おじいちゃんやおばあちゃんでも構いませんので、人とコミュニケーションを取ることに慣れていくことが大切です。

乱暴な発言を注意する

人に対して乱暴な言葉を使ってしまう子供には、その場でわかりやすく注意をすることが重要です。乱暴な言葉を使われた人がどう感じるのかということを、理解できるように話してあげることで人の気持ちを考える習慣も身につきます。

乱暴な言葉は子供同士でも相手を嫌な気持ちにしてしまうため、早いうちに直すように心がけましょう。

子供が友達を作りやすいよう影でサポートしよう

基本的には、親は子供の後ろで友達作りをサポートするのがおすすめです。子供が自分の力で友達を作る、ということを学ぶためにもそっとサポートすることを意識してみましょう。

友達を作りやすい環境を整えてあげることは、親にしかできない大切な仕事です。子供の個性や性格を考えて、友達作りの手助けをしてあげましょう。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →