子育てママのお悩み解決メディア
良い親子関係は重要なの?良好な親子関係を築く心得をチェックしよう

良い親子関係は重要なの?良好な親子関係を築く心得をチェックしよう

子どもと良い親子関係を築きたい、そう考える人は多いことでしょう。しかし、多くの親が子どもとうまく関係を築けずに悩んでいるのが現状です。

そこで今回は、子どもと良好な関係を築くための5つの心得を伝授します。

親子関係の重要性とは

親子関係の構築は、子どもにとって最初の人間関係を構築する場になります。そのため良い親子関係を築くことができれば、社会に出ても良好な人間関係を構築できるといわれているのです。

逆に親子関係が悪いと、人に対して不信感を抱く傾向があり、人間関係の構築にも障害が出ることも。その後の人生を左右するほど、親子関係の良し悪しは非常に重要なのです。

良好な親子関係を築く5つの心得

実際に子どもと、どのように関係を築けばよいかわからない人も少なくありません。そこで、良好な親子関係を築く5つの心得を紹介します。

子どもを信じて見守る

幼児期を過ぎて子どもに自主性が芽生えたら、信じて見守る姿勢が親に求められます。子どもが失敗しないように親の価値観で行動を制限してしまいがちですが、子どもにとっては失敗のすべてが経験になるのです。

そのため、子どもの行動を制限し過ぎずに信じて見守るようにしましょう。

積極的に子どもと対話をする

日常生活の中で、子どもと積極的に対話することを心がけましょう。親という上の立場から、頭ごなしに叱ったり注意したりする人も少なくありません。

ただそこには、子どもなりの考えがあって起こした行動の場合もあります。一方通行の会話ではなく、子どもとの対話を大切にしましょう。

子どもの個性を尊重する

育児をしていると、ついつい周りの子どもと比べてしまいがちです。少し違う面があるだけで、不安に感じる親も多いでしょう。そのため、「なぜみんなと同じようにできないの?」と子どもを責めてしまうことも。

責められた子どもが、自分を否定されていると感じて殻に閉じこもってしまうケースもあります。違う面があっても、子どもが持つ個性だと認めてあげることが大切です。

問題が起きたときは解決策を考える

親と子どもは別の人間なので、ときには意見が一致しないこともあるでしょう。しかし、意見が一致しないままにしておくと、違う場面でまた同じ問題が起こる場合もあります。

そのため、意見が一致しないときは一緒に解決策を考えることがとても大切です。見過ごさずにしっかり向き合うことで、子どもと信頼関係を築くことができます。

否定するような叱り方はしない

子どもを叱るときは、相手を否定するような叱り方をしないようにしましょう。子どもが叱られるような間違った行動を取ったときは、なぜそのような行動を取ったのか理由を聞くことが大切です。

一方的な叱り方は子どもを不安にさせることもあるので、十分に注意しましょう。

親子の信頼関係を築くことが大切!

良い親子関係は、その後の人間関係にも大きな影響を与えるほど重要なものです。子どもとの関係を良くしたいなら、まずは信頼関係をしっかり構築しましょう。

そのことを意識して子どもに接すれば、自然に親子関係も良好になれるはずです。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →