子育てママのお悩み解決メディア
育児や仕事が忙しい人にぴったりの生理用品「月経カップ」を使うメリットとは?

育児や仕事が忙しい人にぴったりの生理用品「月経カップ」を使うメリットとは?

新しい生理用品として注目されている「月経カップ」。長時間装着できて、ムレやかぶれの心配がないので、仕事や子育てで忙しいママにとってもおすすめのアイテムなんです。この記事では、子育て世代の働くママにおすすめの月経カップを使うメリットをご紹介します。

今までの生理用品の概念を覆す。月経カップをご存知?

月経カップは、医療用シリコンでできたカップ型の生理用品。タンポンのように膣内に直接入れて使うのですが、紙ナプキンやタンポンとは違い、繰り返し使えるのが特徴です。毎月買わなくていいのはもちろん、経血が体外に出てくるときの不快感をなくすことができます。

タンポンよりも大きめなので、装着するのが大変そうに思えるかもしれませんが、慣れてしまえばとても簡単なんですよ。

月経カップの使い方

月経カップの装着

1. 手をしっかりと洗って清潔にします。

2. トイレに座ったり、スクワットするような姿勢で、下半身の力を抜いてください。

3. 挿入しやすいように、カップの縁を折りたたみます。

4. 棒やリングが下になるように持ち、挿入します。陰唇を開くと入れやすいですよ。

5. カップがある程度入ったら、指を使ってカップが開いているか確認してください。異物感がある場合、カップが開いておらず、経血漏れの恐れがあります。

6. 異物感がなくなれば、装着完了です。

月経カップは、初めて使用するとき、そして使った後に必ず煮沸消毒するようにしてください。また、装着に慣れるまでは、装着中に経血が漏れ出てくる恐れも。気になる方は、汚しても大丈夫なお風呂場で装着してみましょう。

月経カップの取り出し方

膣口に指を入れて、カップの底を掴んで引き出します。アイテムによって変わりますが、棒やリング部分をひっぱると千切れる恐れがあるので注意しましょう。

血液をトイレに捨てたら、在宅の場合は低刺激の石鹸で洗ってから装着、外出先ではトイレットペーパーでふき取り、装着してください。低刺激性のウェットティッシュなどできれいにするのもよいでしょう。

月経カップを使うメリット

1. 繰り返し使えるので経済的

洗って繰り返し使える月経カップ。使い捨ての紙ナプキンやタンポンとは違い、毎月の出費がありません♪  生理は10代になってから、50歳前後まで続く人がほとんど。毎月の出費を少しでも減らしたい。そんな人はぜひ、月経カップに挑戦してみましょう。

2. ゴミが出なくてエコ

月経カップを使うと、生理のたびに出ていたゴミが出ません。サスティナブルやエコな活動に興味はあるけど、どう参加していいかわからなかった。そんな人は、月経カップを使用してゴミを減らすことから始めてみるのもいいかもしれません。

3. 買い忘れがない

紙ナプキンやタンポンを使っていると、買い忘れてしまって使いたいときにストックがなくなった…なんて経験はありませんか? 月経カップなら繰り返し使えるので、買い忘れがなく、突然の生理にも対応できます。

4. ムレない&かぶれない

ナプキンを使うときに起こる、ムレやかぶれ。月経カップを使えば、経血が体外に出てこないので、ムレることもかぶれることもありません。デリケートゾーンのトラブルは何かと面倒。月経カップならその心配が少なくなりますよ。

5. 長時間使えて連続使用OK!

アイテムによりますが、月経カップは最長で10〜12時間使用可能で、洗って再度装着できます。小さなお子さんがいると、生理であってもなかなかトイレに行けないママは多いですよね。月経カップを使えば、経血が漏れ出る心配が少ないので、ナプキンを替えるためにトイレに行く回数を減らすことができますよ。

6. 経血量と経血の色を確認できる

空気に触れると酸化し、色が変わってしまう経血。月経カップを使えば、空気に触れることがないので、経血のそのものの色を知ることができます。経血の量や色によっては病気が疑われる可能性も。月経カップは自分の健康状態を知るのにも有効です。

月経カップを使う上でちょっと手間なこと

長く見て経済的で、慣れてくればとても使いやすい月経カップですが、最初は初期費用の高さや、着脱、お手入れに手間がかかるのがネックで悩むという人もいますよね。その場合は、使い慣れた紙ナプキンやタンポンと併用するのがおすすめです。

ちょっと試してみたいけど、使い続けるかわからないのに高価な初期費用は払えない。そんな人は、生理ナプキンと併用し、月経カップをまずひとつ購入、慣れてきたら数を増やしてみるというのはいかがでしょうか?

使い勝手やお手入れ方法が悩みどころという人は、在宅時は月経カップを活用し、外出時には着脱簡単な紙ナプキンやタンポンを利用する。量が多いときは月経カップを、経血量が少なく、月経カップが装着しづらくなる時期は紙ナプキンにするなど、工夫することで使いやすくなりますよ。

月経カップでママライフがより快適になる♪

月経カップは装着にさえ慣れてしまえば、家族中心になりがちなママの生活に寄り添ってくれること間違いなしの生理用品です。使い捨て生理用品のような手軽さはありませんが、生理期の煩わしさを減らしてくれるので、毎日ハッピーに過ごせるはず。この記事を読んでちょっと気になったという人は、ぜひ取り入れてみてください。

きく

きくライター

美、食、住に貪欲な、20代から40代の女性向けメディアで活動中の執筆屋。34歳でASD(自閉スペクトラム症)の診断を受け、自分の過去や特性を研究しながら、発達障害やその疑いに悩む人に向けた記事を執筆します。

きくさんの記事一覧 →