子育てママのお悩み解決メディア
何から始めればいい?離婚手続きの順番リストを紹介します

何から始めればいい?離婚手続きの順番リストを紹介します

夫と離婚することが決まったら、離婚手続きを行う必要があります。しかし、手続きを進めるにあたり、何から始めればいいのかわからない人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、離婚手続きにおけるリストを作成しました。離婚する際の参考にしてください。

離婚手続きにおける順番リスト

離婚の手続きに必要なことをリストにまとめました。実際に行動に起こす前に、やるべきことをチェックしてみましょう。

1. 氏名や住所を変更する

離婚で姓が変わる場合、変更手続きを行う必要があります。例えば、住民票や運転免許証、パスポート、預金通帳などが挙げられるでしょう。

結婚時の姓で登録したものはすべて変更しなければいけないため、身分証として使用できるものから順番に手続きを済ませることが望ましいです。

2. 健康保険への加入変更

結婚時に専業主婦だった場合は、夫の被扶養者に入っていることがほとんどです。しかし、離婚後は自分で健康保険への加入が必要なので、加入手続きを進めなければいけません。

一般的に就職先が決まっているなら会社の健康保険、それ以外は国民保険に加入することになります。

3. 年金の種別を変更する

配偶者の被扶養者だった場合、年金の種別変更を行うことが必要です。就職が決まっているなら第2号被保険者となり、それ以外は第1号被保険者になります。

年金の種別変更における手続き期間は、第3号被保険者でなくなった日から14日以内です。遅れて未納期間が生じると、将来受け取れる年金が減額されることもあるので十分に注意しましょう。

4. 財産分与に関する手続き

最後は、財産分与の手続きです。財産分与における手続きで最も時間がかかるといわれているのが、不動産と自動車の名義変更です。

不動産の名義変更をするには、法務局で不動産登記申請を行いましょう。自動車の名義変更は、運輸支局で名義変更の手続きを行います。

引越しをするときの注意点

各種手続きが終了したら、引越しの準備を始める人も多いことでしょう。そこで、ここからは引越しするときの注意点を紹介します。

引越し費用を負担する人を決める

離婚による引越しで揉め事になりやすいのは、費用についてです。基本的に引越し費用の支払いは、引越し終了後に支払うことになるのでその時点で揉めてしまうと業者に迷惑がかかってしまいます。

そのため、事前に引越し費用をどちらが負担するのかを話し合っておきましょう。

引き取る家具について話し合う

家具を誰が引き取るのかも事前に話し合っておくことが大切です。どちらか一方しか使用していない家具であれば揉めることもありませんが、ソファーやテーブルなど引越し後に使えるものは揉め事の種になることも少なくありません。

どちらが引き取るか事前に決めておくのが望ましいでしょう。

離婚手続きにおけるリストを作成しよう!

離婚が決まったら、各種さまざまな手続きを行わなければいけません。平日しか手続きできない場合もあるので、短期間で終わらせたい人も多いはずです。

そんなときは、離婚手続きにおけるリストを作成して効率よく手続きを済ませましょう。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →