子育てママのお悩み解決メディア
子連れの離婚で準備すべきことは?子供の手続きに関するチェックリスト

子連れの離婚で準備すべきことは?子供の手続きに関するチェックリスト

離婚における手続きは、子供がいる人といない人では大きく異なります。子供がいると、やるべきことが多過ぎて混乱する人も多く、結果的に手続き漏れが発生することも。

そこで今回は、離婚において子供の手続きに関する一連の流れを解説します。

手続きを進める前に確認すべきこと

実際に手続きを進める前に準備しておきたいことは、親権者の決定と養育費の金額です。事前に決めておくことで作業も進めやすくなるので、必ず確認しておきましょう。

親権者の決定

初めに確認すべきことは、子供の親権者をどちらにするかです。親権者とは、未成年の子供を養育・監視する権利のこと。

未成年の子供がいる夫婦は、どちらが親権を持つか決めるまで離婚することはできません。そのため、離婚が決まったら、まずは子供の親権に関する話し合いを夫婦で持つことが必要です。

養育費の金額

離婚したとしても子供にとって親であることに変わりはありません。そのため、親権を持たない親は養育費を負担する義務が生じます。

法律上は養育費の金額に関する指定はないため、両者の話し合いのうえ決めるのが一般的です。夫婦の話し合いで金額が決まらない場合は、最終手段として調停や裁判で養育費を決めることになります。

子供の手続きに関するチェックリスト

それでは、離婚における子供の手続きについて解説します。一連の流れを説明するので、何をすべきか確認していきましょう。

1.苗字と戸籍を変更する

母親が親権者の場合、最初にすべきことは苗字と戸籍の変更です。離婚すると母親の苗字が旧姓に戻るため、子供が同じ戸籍に入る場合は子供の苗字と戸籍を変更する必要があります。

2.児童扶養手当の申請と受取人の変更

次は、児童扶養手当の申請と受取人に関する変更手続きです。児童扶養手当とは、ひとり親世帯に支給される手当で、子育て支援の申請を行えば受給資格の認定を受けられることがあります。収入にもよりますが、必要な場合は早めに申請手続きを行いましょう。

3.学資保険の受取人の変更

学資保険に加入している場合、受取人が親権者ではないこともあります。知らないうちに解約されるリスクもあるため、早めに受取人の変更を行うことが大切です。

4.通帳の名義変更

子供用の銀行口座があるのであれば、名義変更を行いましょう。特に、近年は子供名義の銀行口座から給食費や学費を自動引き落としにしているケースもあります。

名義関係も、トラブルのもとになるので、早めに済ませておくことが大切です。また同時に学校への連絡も忘れずに行いましょう。

リスト化して手続き漏れを防ごう!

離婚が決まると、各種手続きに追われることになります。自分だけならまだしも、子供がいる場合は子供の分まで手続きを行わなければいけません。

そんなときは、やるべきことをリスト化するのがおすすめです。各種手続きにおける変更や申請漏れを防ぐことができるでしょう。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →