子育てママのお悩み解決メディア
内祝い・お返しの本来の意味とは?相場やおすすめの品、注意点も解説

内祝い・お返しの本来の意味とは?相場やおすすめの品、注意点も解説

結婚や出産など、おめでたいことがあったときに贈る内祝い。実は現代の内祝いとお返しは、本来の意味とは違っていることを知らない人は多いのではないでしょうか。また、内祝いには様々な種類があり、守るべきマナーもあるので知っておきましょう。

そこで今回は、内祝いとお返しについて、本来の意味と基本のルールや相場金額、おすすめの品をご紹介します。

内祝いとお返しの基本のルール

内祝いとは本来「身内のお祝い」を意味し、自分の家でおめでたい出来事があった際に、親戚やご近所に贈り物をしてお世話になったお礼と喜びを分け合うものです。

しかし、現在では本来の習慣通り、自分からお祝いの品を贈ることは少なくなりました。そして、周りから頂いたお祝いの贈り物に対してお返しをすることを「内祝い」とするようになったのです。

結婚や出産、内祝いの種類とお返しとの違い

内祝いの種類としては、「結婚内祝い」「出産内祝い」がポピュラーですが、他にも子供の初節句を祝う「初節句内祝い」や、新しい家を建てた際の「新築内祝い」などが挙げられます。

内祝いとお返しは区別がつきにくいですが、内祝いはお祝いをもらわなくても、贈り物をすることで、お返しはもらったお祝いに対してお礼の品を贈ることです。

ただし、全ての内祝いにお礼をしなければならないわけではありません。初節句や七五三、入学祝いなど、子どもに関するお祝いは、子ども自身に贈られたものとなり、子どもはお返しをするお金がないため、お返しは必要ないのです。

内祝いはいつまでに贈るべき?

内祝いを贈る時期は、お祝いの種類によって異なります。

  • 結婚内祝い:結婚式から1か月以内
  • 出産内祝い:赤ちゃんが生まれてから1か月以内
  • 初節句祝い:節句の日から1週間以内
  • 新築内祝い:転居から1~2か月以内

内祝いは遅れてしまうと相手に失礼となるので、なるべく早めに贈るようにしましょう。

のしや手紙、メッセージの付け方

内祝いにはのしを付けましょう。どの内祝いでも表書きは「内祝い」と書きますが、水引の結び方は異なります。結婚・快気内祝いの場合は紅白で結び切り、出産・初節句・新築は紅白で蝶結びの水引を選びましょう。

メッセージや手紙を付ける際は、「この度はお祝いをいただき誠にありがとうございました。」と、お祝いを頂いたお礼は必ず最初に述べるようにしましょう。

内祝いの相場金額やおすすめの品

気になる内祝いの相場金額とおすすめの品物を紹介します。

内祝いの相場金額

内祝いの相場金額は、内祝いの種類に関わらず頂いた物の半分程度です。ただし、5,000円以上の高額な贈り物を頂いた場合は、3分の1程度でも良いとされています。

ちなみに、頂いた物より高額なお返しはマナー違反とされるので、注意しましょう。

内祝いはお菓子・日用品がおすすめ

内祝いの品は、縁起の悪い物は避けなければなりません。また、相手の好みに合わない物を贈ることも良くないので、無難なお菓子やタオルなどの日用品がおすすめです。

内祝いはマナーを守って贈ろう

身内のおめでたい出来事を祝う内祝い。現代では本来の意味とは違う捉えられ方をしています。

しかし、昔も今も変わらない大切なものは感謝の気持ちです。お祝いの品を頂いたら、マナーを守って内祝いを贈りましょう。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →