子育てママのお悩み解決メディア
子連れ再婚を成功させるために知っておきたい3つのポイントとは?

子連れ再婚を成功させるために知っておきたい3つのポイントとは?

結婚して子供を授かったものの、性格の不一致や相手の不貞などで離婚をしてしまったという方は決して少数ではありません。一度失敗しているから、もう結婚は良いと思っていても経済面や自身が病気や怪我をしてしまった時などを考えると、やはりパートナーとは添い遂げたいものです。

今回は子連れ再婚を考えている方が知っておきたい、成功するための3つのポイントを紹介していきます。

子連れ再婚を成功させるために3つのポイントとは?

子連れ再婚で最も気になるのは、相手とわが子の相性です。自分と相手だけではなく、子供のこともしっかり考えて結婚しないと、せっかく再婚してもまたギスギスしてしまいます。

なんでも話し合える関係性が築けているか

これから家族になる間柄ですので、建前や社交辞令で固めてしまっては心を開くことはできません。また、当然考え方の違いや価値観の違いは出てきますので、何でも話し合える関係は再婚前にしっかりと築き上げておく必要があります。

もし意見が合わずに当人同士が歩み寄れそうにないのなら、無理に関係を継続させずに再婚は考え直した方が良いでしょう。

子供が再婚相手に懐いているか

自身の親と多少仲良くしている程度の人間が、ある日突然「今日から新しいパパ(ママ)だよ」と言われても「うんわかった!」と快諾できる子供は居ません。子連れで再婚を成功させるには、子供が再婚相手を信頼し、しっかりと懐いているかどうかも重要です。

無理に親という立場にならずとも、年の離れた気の合う友人という関係でも信頼が築けているかが重要です。再婚相手と子供が会う機会を増やし、信頼を深められるように徹しましょう。

お互いの価値観を尊重し合えるか

金銭感覚は勿論ですが、家族は小さな社会です。こうした小さなルールがある上で家族全員が何を一番に優先させるのかという価値観の一致はとても重要になってきます。

離婚の多くは価値観の違いです。金銭面、教育などで可能な限り同じ方針で話が出来る相手であることはとても重要と言えます。自身も相手の価値観を尊重し、相手も自身の価値観を尊重出来る、そうした関係がベストです。

子連れ再婚でどうしても避けて通れない養子縁組について

再婚が決まり、いざ新しいお父さんお母さんになるときに大事な手続きとなるのが養子縁組です。養子縁組をすると再婚相手から子供へ扶養義務や相続権が発生し、子供は大人になってから再婚相手に対して面倒を見る義務が発生します。

養子縁組の良い点と注意点

養子縁組をすることで再婚相手は子供に対して実の子と同じように扶養義務と相続権が持てるのがメリットです。大人になるまでの生活の安定と、大人になってからの権利を子供は得ることが出来ます。

ですが、当然注意点も発生します。一番には「実の子供でも無いのに責任をもって扶養する義務が発生する」という気持ちの負担です。再婚して再婚相手が自身と子供の間に良好な関係が築けているのであれば、養子縁組の話はよく相談してから決めましょう。

もし元夫から養育費を貰っているという場合は、この養子縁組をすることでその養育費が減額されてしまう場合もあるので、そうした点もしっかりと話し合いましょう。

養子縁組の方法や手順について

しっかりと話し合って養子縁組をすることとなったら、婚姻届提出後に役所で手続きを行います。再婚相手の本籍地、または現住所の役所で行う必要があります。

このとき婚姻届と同じように2人の証人が必要となりますので、お互いの両親や信頼できる人によく相談の上、あらかじめ準備をしておきましょう。

子連れ再婚でより幸せな生活を手に入れよう!

別れの理由はそれぞれですが、今後の経済面や自身の精神面のためにも再婚を検討しているというのであれば、子供のこともしっかりと考える必要があります。

それは単に養子縁組という権利的なものだけではなく、何でも話すことが出来て、子供も再婚相手を慕っていて、お互いに価値を尊重し合えるという点も重要となります。是非この記事も参考に、家族全員が幸せになれる関係を築きあげてください。

Hanakoママ

Hanakoママ編集部

マガジンハウス発行のWebマガジン『Hanakoママ(ハナコママ)web』。子育て中のママとキッズがハッピーになる、子連れのおでかけ、ファッション、ビューティ、絵本、写真投稿、育児のお悩み相談などの情報満載。パパの子育てを応援するコラム&トピックスも。instagram.com/hanako_mama

Hanakoママさんの記事一覧 →